1. まとめトップ

知ってる?6月30日は「夏越ごはん」の日!やよい軒でも販売【新習慣】

夏越の祓(なごしのはらえ)の神事に合わせた行事食・夏越ごはん(なごしごはん)。やよい軒、マルエツでも販売。東京・赤坂氷川神社では無料配布も。

更新日: 2018年06月22日

1 お気に入り 5865 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ブログで、お得・オススメ・節約情報や、エンタメ情報など発信しています!http://happy100osusume.seesaa.net/

まかとにさん

※こちらのまとめは、2017年の情報です※

★6月最終日に行われる「夏越の祓(なごしのはらえ)」

古来より全国の神社では、6月最終日に、半年間の罪やけがれをはらい、残り半年の無病息災を祈る神事「夏越の祓(なごしのはらえ)」を行っています。

神社の鳥居の下や拝殿前などに茅(ちがや)や藁で作った大きな輪を設け、「茅の輪(ちのわ)くぐり」を行って、一年の前半の罪や穢れを祓い、残りの半年間の無病息災を祈ります。

★夏越ごはん(なごしごはん)

夏越ごはんは、この夏越の祓の神事に合わせた行事食として、米穀安定供給確保支援機構が提案するもの。

日本の食には欠かせないお米を中心に、茅の輪(ちのわ)をイメージした「緑」や、邪気を祓らう「赤」などの旬の夏野菜を使った丸いかき揚げをのせる。

★東京・赤坂氷川神社では、「夏越ごはん」を無料配布!

6月30日、赤坂氷川神社(東京都港区)にて「夏越の祓(なごしのはらえ)」の神事に合わせ、ミニサイズの「夏越(なごし)ごはん」の試食を提供する。

★少しづつ知名度を上げている「夏越ごはん」

飲食店やスーパーなど扱う事業者が増え、今年は提供店舗数が約760と前年の2倍以上に急増している。

★今年は、やよい軒でも拡大販売!

「やよい軒」は、夏越ごはんの販売が2年目の今年、提供店舗数を約330店に増やした。昨年、東京都内5店舗で扱い、好評だったことを受けた。

オクラをかき揚げに入れ、ショウガとだいこんおろしに和風だれをかけるさっぱりとした味わいが特徴。豚しゃぶと合わせた定食(790円)で、今月末まで提供する。

やよい軒の『夏越ごはんと豚しゃぶ定食』美味しい!かき揚げは天丼みたいにご飯に乗っけて食べるやつ。6/30までなのか。もっと早く気がつけばなぁ。 pic.twitter.com/uVL2mWMLdp

初やよい軒。 機関限定の「夏越ごはんと豚しゃぶ定食」をいただきました。 「夏越ごはん」とやら、土用の鰻とか恵方巻きみたいに流行らせたいっつー魂胆が見えるけど、美味しければそれでよいのだ。 pic.twitter.com/B56TDFeyHp

★スーパーのマルエツも今年から販売開始!

大手スーパー、マルエツは今年から、総菜商品「夏越ごはん」(429円)の販売に乗り出す。店内で製造し、かき揚げに夏野菜の赤パプリカやニガウリ(ゴーヤー)を使うことで彩りに工夫を凝らす。

黒米入り五穀ごはんの上に、夏野菜のゴーヤやパプリカ(赤)と、海老、たまねぎを合わせたかき揚げを盛り付けました。別添の、しょうがを効かせたおろしだれをかけてお召し上がりいただく、当社オリジナルの丼となっています。

1 2