1. まとめトップ

【驚き】実は違ったり!?言ってなかったり!?名言集

実はそんなこと言ってなかった!? またそんな意味じゃなかった!?を集めてみました。

更新日: 2017年07月05日

4 お気に入り 17236 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sluさん

「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」

福沢諭吉による有名な名言ですね。
「人間皆平等!」という意味でしょうか、いい言葉ですね。

しかし、、これには続きがあるのです。

「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず、、、と言へり。
、、、しかし今、広く人間世界を見渡せば、賢い人もあり、愚かな人もあり、貧しい人もあり、富める人もあり、貴人もあり、下人もあって、そのありさまに雲泥の相違があるのはなぜか。そのわけは、全く明らかである。実語教という書物に、人学ばざれば智なし、智のない者は愚人なりとある。つまり賢人と愚人の区別は、学ぶと学ばないことによってできるのである。

つまり、生まれは人間皆平等なのになんで差が生まれるのか? それは勉強するか、しないかの違いだけだ! 勉強しなさい! ということですね。

随分と身近な言葉になりますね。

「板垣死すとも自由は死せず!」

板垣退助によるこれも有名な名言。

死に際ですら、日本の将来を思う勇敢な一言ですよね。

しかし、もちろんこれも誤解です。

こんなこととっさに言えるわけないですし、というか板垣死んでないですし。

本当は、、、彼の後の回顧録では「驚きのあまり言葉が出なかった」と述べていることから、出版社の脚色である。
また、彼は一命を取り留めその後も政治活動を行った。

「敵は本能寺にあり!」

明智光秀の言葉。
織田信長を裏切り本能寺へ奇襲する時に叫んだと言われる、有名な言葉ですね。

今でもドラマや小説でよく見ますよね。

もちろん、そんなこと言ってないです。

秘密の暗殺計画をみんなの前で「これから、信長殺しまーす」なんて言えるわけないですよね。

この台詞が歴史書に最初に出てくるのは、本能寺の変から250年程後の文政十年(1827)。

頼山陽(らいさんよう)の【日本外史】に記されています。なのでそれ以前の【信長公記】や【信長記】、その他の書物にも出ていません。

おそらくは、頼山陽の創作の台詞では?ともいわれています。

「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」

マリーアントワネットによる言葉。

飢えている民衆に向けた高慢な言葉?

元のフランス語ではQu'ils mangent de la brioche!「ブリオッシュを食べればいいじゃない」の意味。

ブリオッシュの単価が安い事から代用パンとして表現したと言う解釈もあり、「高いパンが食べれないなら安いパンで代用しなさい」といったのかもしれない。

また、これをマリーアントワネットが言ったという明確な記述もないという。

「地球は青かった」

ガガーリンによる言葉。

初めて宇宙から地球をみたときに感動のあまり出た言葉です。

しかし、これは誤訳であり、正しくは

「空は非常に暗く、地球は青みがかっていた」が直訳。あんまりカッコよくないですね。

また、言葉もそれだけじゃなく後ろに

「しかし、どこを見回しても神はいなかった」と続くそうです。
海外においては神がいなかったの方が有名なそうです。

1 2