1. まとめトップ

【徹底調査】セルライト除去の効果的な方法5選

ダイエットの天敵「セルライト」。しかもデコボコしていて醜い。気になる女性は多く、なんと8割以上がセルライトを持っているそうです。セルライトに悩んでいる人も正しい知識でセルライト除去へ!?徹底調査で、セルライト除去の方法・対策をまとめました。

更新日: 2017年10月11日

43 お気に入り 209248 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

diver11さん

どんなに頑張ってダイエットしても、体内に残っているセルライトは消えにくい。 皮下脂肪でもセルライト化をすると落ちにくくなるらしい。

てかセルライト?があんなボコボコしてんの…なにあれ…脂肪吸引のせい?こあい

下半身デブだからわかるけどもっと太ももの肉が垂れて膝が汚いしセルライトでボコボコだよ

▼敵を知る!そもそもセルライトとは

セルライトとは、特に太ももやヒップを中心に二の腕、首の後ろ、背中などにつきやすいのが特徴。
セルライトは一度できてしまうと、なかなかとれません。マッサージや運動、食事内容を気にしないままだとセルライトは定着、蓄積していき、確実に痩せにくい身体になります。 また、脚は水分&老廃物の処理を行う内臓から遠い位置にあるため、上半身に比べ、排泄がスムーズにいかず滞ってしまいがちなので、脚は細くなりにくいのです。

これがあると、ダイエットをしてもなかなか効果を出せないというやっかいものセルライト。 ダイエッターの大敵であることは言うまでもありません。

▼セルライトのできる原因

いきのよい脂肪細胞であれば、ダイエットをすれば活発に代謝して減るほうに動きますが、代謝のわるい脂肪細胞は半分死んでいるも同然なので、なかなか減ってくれません。そして、動きのわるい組織となった脂肪細胞には、その周囲にかさぶたのようなものができて線維化してしまいます。セルライトは局所的な代謝の悪化そのものであり、また、代謝が悪化した部分部分の集まりは、全身の代謝を悪化させる原因にもつながっています。

セルライトができるステップ
1.ホルモンバランスや自律神経の乱れ、冷え、年齢による代謝の低下などにより血行不良が起こり、老廃物がたまりはじめる
2.脂肪細胞の代謝が乱れ肥大化。脂肪細胞内に脂肪をためこむようになり、2~3倍の大きさになる
3.肥大化した脂肪細胞により、さらに血管が圧迫され血行が悪化
4.脂肪細胞同士が付着し塊に成長。老廃物もさらに溜まって、皮膚表面にも凸凹がはっきりわかる状態に

セルライトの原因としては諸説ありますが、その中でも女性ホルモンと肥満の影響が大きいと考えられています。脂肪細胞が肥大してリンパの流れを阻害し、水分、エネルギー代謝が低下する、または、酵素、ホルモン異常により、脂肪細胞のサイクルが乱れるなどで、脂肪細胞の内外に老廃物や線維組織が沈着すると考えられています。

■セルフチェック!セルライトのできた原因診断

成人女性の8割の人にあるといわれるセルライト。その原因は主に「代謝低下型」「食事問題型」「運動不足型」「環境要因型」の4つに分けられます。各質問のうち、3つ以上あてはまるものがあれば、あなたが該当するのはそのタイプです。

▼セルライト対策1:自律神経を鍛える

自律神経の代謝にひずみが出ている人はセルライトがつきやすくなっているので、自律神経を鍛えたり、そのはたらきをサポートすることはとても重要です。原因別×体型別総合診断にあったおすすめ撃退法とあわせて自律神経を鍛えていけば、セルライトの撃退はさらに効果的です。

■自律神経の鍛え方

自然のリズムにあわせた生活スタイル

自然のリズムというのは、

1日とか一年と言った

自然界のサイクルとして
存在している周期の事です。

朝、太陽が昇って夜に日が沈む
のが一日のサイクルで、

春夏秋冬という式の変化を
一巡りするのが一年のリズムなど、

こうしたリズムがあります。

朝のシャワー、夜の半身浴

適度な運動、エクササイズ

1 2 3