1. まとめトップ

この人って落ち着いているなぁ…精神年齢が高い人の特徴

年齢よりも落ち着きがあり考え方も大人であるといえる精神年齢が高い人たち。常に冷静で客観的に物事を捉え、感情に左右されないという特徴があることから、周りの人たちからの信頼は抜群で、相談相手やアドバイザー的な立場となる人が多いようです、

更新日: 2017年06月30日

22 お気に入り 108524 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

egawomsieteさん

■精神年齢の高い人の特徴

誰とでも合わせられますし、何事にも余裕がありますし、考え方も大人ですし、人としても信頼されやすいです。

◇感情に支配されず冷静でいられる

精神年齢が高い人は自分の感情に支配されることが少ないです。
自分の感情の扱い方を理解しており、イライラした時や不安な時など、どうすれば良いのかが自分で分かっています。

そのため何をする時も冷静でいることができ、合理的な判断を下すことができます。

◇客観的に相手を見れる

感情に支配されないので相手の言動によってイライラさせられることが少なく、他人の気持ちや性格などを冷静に見ることができます。

そのため他人と衝突することも少なく、人間関係は円滑になりストレスは少ないです。

また相手の価値観や性格を察することができるのでニーズの把握が上手くなります。
そのため仕事ができたり異性にモテたりします。

◇客観的に物事を見れる

自分の感情を上手に扱えるので、何か出来事があった時は正しく把握できます。

何か判断をする時は自分の感情が強すぎると周りが見えなくなりますが、そうなることがありません。

そのため道を大きく外れることも無く、トラブルが起きたとしても冷静に対処ができます。

そんな姿は人からの信頼も寄せ、相談相手になることも度々です。

◇影響を与える側に回れる

精神年齢が高い人と低い人の大きな違いの一つとして「影響を与える側になれるかどうか」というのがあります。

ここで言う影響とは相手を良い方向に導くことができるかどうかということです。

他者へ影響を与える側になるには精神年齢が低い人だと中々できません。
感情的になって相手を振り回すことはできるかもしれませんが、正しい方向には導けはしないんです。

もしあなたがいま他者に対して良い影響を与える側にいるのであれば他の人よりは精神年齢が高いかもしれません。

◇自分に主導権がある

精神年齢が高い人は自分の意志の上に生きています。

そのため人生の選択は全て自分の意志で決め、他人のせいにすることもなく、周りに流されることもありません。

人や環境や運のせいにすることはせず、何かトラブルがあったとしても「じゃあどうやって自分が改善するか」という思考になります。

他人や環境のせいにするのではなく、自分以外の何かを変えようとするのではなく、自分が変わることによって人生を良くしようするんです。

だから仕事の愚痴や、家庭の愚痴や、人間関係の愚痴なども少なくなります。

◇嫌味や皮肉をサラッと流せる

誰だって、嫌味や皮肉を言われたらイラッとしてしまいますよね。

「そんなことない。

あなただって」と言い返してしまいたくなるのが自然な人間の感情です。

でも、そこで言い返すのか、もしくはグッと気持ちを飲み込むのかでその人の精神年齢が見えてきます。

精神年齢の高い人は、嫌味や皮肉などを言われてもすぐにカッとなって言い返したりしません。

そうしても、自分にとっても相手にとってもメリットがないからです。

嫌味をいわれたのに、「確かに私ってそういうところあるかも。

気づかせてくれてありがとう」なんて返されたら、嫌味を言った側は自分の幼稚さを恥ずかしく感じますし、

それを見ていた周囲の人も、なんて大人な対応なんだろうと感心すること間違いありません。

◇人の悪口を言わない

誰かが誰かの悪口を言っているのを聞いて、嫌な気分になった経験は誰にでもあると思います。

また、ついイライラして人の悪口を言ってしまったという事も珍しくないはず。

誰かに自分の気持ちを理解してもらいたい、という気持ちから友人や、恋人や、家族に悪口を言ってしまいます。

でも、悪口を聞いている方はいい気持ちはしませんね。

確かに、ストレスの多い生活を送っていて、どこかに気持ちのはけ口が必要な時もあります。

でも、それは本当に親しいごく一部の人だけに聞いてもらうこととし、どこでも誰にでも悪口を言うのは避けましょう。

◇人の気持ちを理解できる人

精神年齢が高いと言われる人は、人の気持ちを察することが出来たり、理解してあげることが出来るといった特徴を持っています。

その人がどういう思いでいるか、こういう場面ではどういった気持ちになるかといったことを自身で考えることが出来る為、人に不快に思われるような行動はとりません。

むしろ、人が嫌だと言うことを率先してこなしたり、文句を言わずに行動に移すといった人が多く、自分を犠牲にするような行動を目にすることが多いでしょう。

誰もが嫌だと感じることを分かっているからこそ、率先して動くことが出来るのは、精神的に大人であるからと言えます。

自分がすれば済むこと、自分がやれば円満になるといったように、周りに強制するのではなく、自ら動ける人こそ、精神年齢が高いと言えるでしょう。

こういった行動を周りの人が目にすることが多くなると、自然とその人を周りが頼るようになり、信頼が高くなっていきます。

そして人から相談されたり愚痴を吐かれたりといったことも多くなり、その信頼性が高いものであることも分かるでしょう。

人の気持ちを理解することが出来る人だから、周りが信頼をし、頼られることが多くなります。

◇冷静な判断ができ、固定概念がない人

自分の意思を曲げない人や、その状況に見合った行動ではないのに正当化しようとする人は、精神年齢が低いと思われてしまいます。

反対に、その状況によって臨機応変に対応することが出来る人や、人から否定的な事を言われたとしても、それも一つの意見だと取り入れることが出来る人は、精神年齢が高い人と言えます。

固定概念を持っていると頑固な印象を与えてしまうことが多く、自分の意見や考えを曲げない為に、その場の空気すらも悪くしてしまうことが多いですが、精神年齢が高い人は冷静な判断をすることが得意なため、その場にあった行動を優先します。

例え自分の思っていたことと違った結果になったとしても、最終的にそちらの方がよいと判断出来れば自分の考えを捨てることが出来るのです。

◇常に柔軟な発想をしている

臨機応変に対応を変えるというのはなかなか出来ることではなく、色んな想定をしているからこそ出来るものと言えます。

様々な状況を考えていることや、先を見据えていることが分かるでしょう。

自分というものを押し通すのではなく、冷静な判断で自由に発想を転換することが出来る人は、精神年齢が高いと言えるでしょう。

これは年齢が高い人にかなり多いんですが、常識や固定概念にとらわれ過ぎていて新しい意見や価値観をはなからハネつけてしまいます。

それが常に正しい判断ならいいんですが、世の中は常に変化しているのです。

自分自身が間違っていた場合、取り返しがつかないケースもありえます。

自分の意見や考えを通そうとすると、必ずカドが立ちます。他人からの意見を取り込んで柔軟に対応出来るのも、精神年齢の高さの証です。

冷静な判断で自由に発想を変えていくと、自分の考えで突っ走って失敗しにくいし上手くいきやすくなることが多いのです。

1 2