1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

歌丸さんを演じるのは…!あの人の半生、作品化されるってよ

実在する人物を演じる人達に注目!

更新日: 2017年06月29日

tyanndaiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
32 お気に入り 84519 view
お気に入り追加

「笑点の顔」の半生がこの秋ドラマ化!

“未来の人間国宝”とまで言われる歌丸師匠の人生のドラマ化

同ドラマは昭和26年、15歳で古今亭今輔に弟子入りしたところから、『笑点』に出演し始めた32歳ごろまでの若き日の半生を2時間のスペシャル版で描く

今回、演じるのが「笑点」が始まる前の歌丸であることから、役作りのために松也は「ネットで若かりしころの歌丸師匠の画像検索をしました」と告白。ただ、あまりに古い時代のため、「僕の演じる時代の画像はなかったんですよ」と軽く肩を落とした

www

偶然、その場に居合わせた三遊亭円楽(67)から「歌丸師匠を演じるなら、高座ではとにかくかみ倒して、誰よりも下手くそに演じてくれ」と珍アドバイスを受け、「失礼のない程度に参考にさせてもらいます」と笑顔を浮かべた

「このドラマを通じて知られざる歌丸師匠の半生というものを、皆さんに知っていただきたい」

出身地、茅ヶ崎が舞台となった作品が誕生

学生時代の桑田佳祐を野村周平が!映画 『茅ヶ崎物語 〜MY LITTLE HOMETOWN〜』全貌が遂に明らかに music-book.jp/video/news/new… #茅ヶ崎物語 #神木隆之介 #野村周平 pic.twitter.com/2lp07e0vAa

「茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~」のワールドプレミアが、第6回茅ヶ崎映画祭内で6月25日に行われ、作品の全貌が明らかになった

本作は、音楽探訪記でありつつ、同時に音楽伝記であり、音楽文化史でもあるという、ほかに類を見ない異彩を放つ作品

サザンオールスターズの名付け親である洋楽ポップスプロモーターの宮治淳一が、かつての同級生・桑田佳祐の還暦祝いに贈った映像をもとに制作された

宮治にとって運命の分岐点となった、桑田とのある出来事が、映画の後半に描き出されるのだが、なんと、そのドラマでは宮治の学生時代を神木隆之介が演じ、桑田の学生時代を野村周平が演じている

10月スタート!キャスト決定が楽しみ

1 2





tyanndaiさん