1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

時空を超えたミステリー!二宮和也が涙『ラストレシピ』予告編解禁

嵐・二宮和也が主演する映画「ラストレシピ~麒麟(きりん)の舌の記憶~」。「おくりびと」で米国アカデミー賞外国語映画賞を受賞した名匠・滝田洋二郎監督がメガホンを取り、西島秀俊、宮崎あおい、綾野剛、竹野内豊ら主役級の豪華共演陣。特報が解禁。 追記:予告編も解禁

更新日: 2017年09月30日

aku1215さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
19 お気に入り 28724 view
お気に入り追加

◆嵐・二宮和也が主演する映画『ラストレシピ』

嵐の二宮和也が、作詞家・秋元康氏が企画した映画「ラストレシピ~麒麟(きりん)の舌の記憶~」に主演する。

本作は、70年前に天皇の料理番・山形直太朗(西島)が考案した究極の美味112品によるフルコース「大日本帝国食菜全席」を巡る物語。

西島=西島秀俊

一度食べた味を完全再現できる絶対味覚「麒麟の舌」の持ち主である主人公・佐々木充(二宮)が、1930年代に考案された「大日本帝国食菜全席」の再現に挑むさまが描かれる。

◆同名小説をもとに秋元康が企画

「永遠の0」の林民夫が脚本を執筆し、絢爛豪華な料理メニューの映像化とキャストの調理指導は服部幸應氏と服部栄養専門学校が全面バックアップする。

◆共演には西島秀俊や宮崎あおいなど主役級の豪華キャスト

今作には、西島秀俊、宮崎あおい、綾野剛、西畑大吾(関西ジャニーズJr.)、竹野内豊、笈田ヨシら主演級を含む実力派俳優陣が結集する。

綾野は、施設で育ち他人に心を開かない充の唯一の理解者であり、彼の才能を最初に発見した大衆中華料理店の雇われ店長・柳沢健役で出演。

充が目指す「大日本帝国食菜全席」を編み出した天皇の料理番・山形直太朗役には西島秀俊、直太朗の妻で公私ともに夫をサポートする山形千鶴役には宮崎あおいが決定。

◆二宮×滝田監督のアカデミー賞コンビも話題に

「おくりびと」で09年に第81回米アカデミー賞外国語映画賞を受賞した滝田監督が、「母と暮せば」で今年の日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞した二宮をどう“料理”するのか。

◆そしてついに特報&ポスタービジュアルが解禁

映画『ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~』(11月3日公開)の特報映像&ビジュアルが29日、解禁された。

佐々木が料理をする様子をはじめ、綾野剛演じる大衆中華料理店の雇われ店長・柳沢健、西島秀俊演じる「麒麟の舌」を持った1930年代の料理人・山形直太朗、宮崎あおい演じる妻の千鶴、竹野内豊演じる大日本帝国陸軍大佐・三宅太蔵らの姿が確認できる。

佐々木が山形の考案したフルコースを再現するように要請されるシーンが映し出されるほか、投獄された山形に銃がむけられる緊迫の場面なども収められており、シリアスなドラマが展開することがうかがえる内容に仕上がっている。

激動の1930年代・満州国で活躍した山形、現代に生きる佐々木、2人の天才料理人を中心に、70年と隔てた過去と現代のドラマが交錯。涙を流す二宮、西島、綾野の姿が映し出され、70年もの間封印されたミステリーをあおる映像となっている。

予告編も解禁された

◆ネットではさっそく反響

1 2





記憶の中で生きてゆける