1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

みんなはいくつ知ってた?イマドキの若者たちが使ってる言葉

いつの時代にも若者世代が発祥となる言葉が発生します。現代の若者の間でも「ワンチャン」「あーね」などなど様々な新語が誕生しています。

更新日: 2017年07月01日

ppp_comさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
31 お気に入り 132989 view
お気に入り追加

■若者たちの間で使われる暗号のような言葉

いつの時代も、若者の間では略語や新語、流行り言葉が飛び交っています

職場でも、後輩が使っている言葉が理解できなかったという経験がある人も

■最近の若者はどんな言葉を使っているかご存知ですか?

それな

自分がそう思っていなくてもとりあえず「それな~」で同調してリアクションを取ることができます

返答に困ったらこの言葉を言っておけばなんとかなり、言うだけで大学生っぽくなる

ワンチャン

「ワンチャン」は大学生の中でも最もポピュラーに使われている「大学生ワード(若者言葉)」と言っても過言ではない

「ワンチャン(もしかしたら)行ける」「ワンチャン(ひょっとしたら)あるで」など、「可能性がある」という意味で使われる

おおよそのところ、「可能性がなくはない」「少ないけれどチャンスはある」という感じで使われている

詰んだ

将棋の「詰み」のように終わりが見えた時につかう。つまり確実に助からない状態

例えばゲームで「パズドラ詰んだ…」、SNSで「Facebookで同級生に発見された…詰んだ」、人生で「28歳でフリーター…人生詰んだわ…」といった感じ

あーね

「ああ、なるほどね」という意味で、軽くあいづちをうつ時に使われる若者言葉

略しただけなので意味はとても簡単。会話の中で「なるほどねぇ」となった時に使う

最近ではTwitterにおいて誰かのつぶやきに同意する際に「あーね」と返答するユーザーも多い

元々、「あーね」は福岡の方言で「相槌(あいずち)」を打つ時に使う言葉で、福岡から全国に広がっていったとされている

1 2





(´・ω・`)気になった事をまとめていきます
(´・ω・`)よろしくおねがいします