1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

今日からも明日からも いつからでも使える『カレンダー』8選

新しいカレンダーもいいけれど、それ自身を使い続けて経年変化していく様を楽しむのもいいものです

更新日: 2017年06月30日

jetwskyさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
66 お気に入り 44832 view
お気に入り追加

■『マグネットカレンダー』■

このアイデアはDIYで自分オリジナルもつくれそうです

キエフ国際広告祭でブロンズ賞を受賞。

数字や文字、イラストがデザインされた磁石を冷蔵庫などにくっつけて、自分の好きなようにカスタマイズできるマグネット式のカレンダーです。

カレンダーそのものを冷蔵庫に貼りつける話はよく耳にするが、一つひとつ構成要素を貼りつけてカレンダーを作るアイディアは聞いたことが無い。柔軟な発想のもとに生まれた、非常に優れた仕組みといえよう。

■『DANESE(ダネーゼ)Timor(ティモール)』■

1967年 エンツォ・マリによってデザインされたアイコン的カレンダー

1967年、エンツォ・マリによってデザインされた、イタリアンモダンデザインの象徴とも言える万年カレンダーです。

日にちと曜日、そして月をくるりと回して表示させる、いつまでもご利用いただける万年型です。文字盤の書体はロゴなどを含め、DANESEの印刷物には欠かせないHelvetica。
40年以上経過しても色あせない数少ない名品の一つです。

■『ハンコ 万年カレンダー』■

予定を書き込む先にノートの端っこにポンッ

11個のパーツを並び替えることで、どんな月のカレンダーでもつくることが できます。

スケジュール管理や、パーティーの案内などに使ってみてはいかがでしょう。

■『MOMA』■

◎Perpetual Calendar

アクリルをスライドさせ、曜日、月日をあわせます。シンプルなデザインでデスクトップをクールに演出します。

コンパクトなサイズのMoMAの「アクリル万年カレンダー」!
カラーはブラックとレッドがあります。

1 2





日頃のちょっと気になったこと、目についたオモシロイ事をまとめています。読んでくれた方がほっこり、そして後味がいいと思って貰えればうれしいです。