1. まとめトップ

読書感想文。課題図書「チキン!」のあらすじとポイント(小学生高学年向け)2017年

書き方・例文を知りたい方に!小学校高学年(5年生・6年生)向けの課題図書「チキン!」の読書感想文を書くときのポイントとあらすじをまとめました。第63回(2017年)青少年読書感想文全国コンクール向けの対策まとめのため、絵本の内容のネタバレ等が含まれますので、ご注意ください。

更新日: 2017年07月03日

1 お気に入り 26006 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ringo-mikanさん

チキン! (文研出版) 著者:いとう みく・作 こがしわ かおり・絵

何ページあるの?

ストーリーは?

六年生の日色拓は、人が喧嘩をしているのを見るのも嫌だが仲裁に入るのも嫌という、争いごとに関わることを避ける性格の男の子。隣の家に住む麻子さんというおばあちゃんとは、時折将棋をして楽しむ仲だった。

思ったことはなんでもはっきり言う、真中凛が転校してくる。実は凛は隣に住む麻子さんの孫だった。
凛のことを宜しくと頼まれるが、トラブルばかり起こす凛に振り回されたり、とばっちりを受けてしまう拓だったが…。

しかし、皆が良くないと思いつつ見過ごされてきた仲間はずれやイジメをいちいち指摘する凛は、正義のためではなく、実は死んだお母さんとの約束のためにそうしていたことが分かる。

その言動が人を傷つけるだけでなく彼女自身も傷ついていることがわかってくる。凛は、正しければ、何をどう言ってもいいわけではないことに気づいてもいく。

おはなしのポイントは?

『チキン!』は、ケンカももめごとも苦手で、あらゆるトラブルをさけて生きてきた日色拓という男の子と、言いたいことはなんだって口にしてしまう真中凛という女の子、そんな二人を軸とした物語です。

六年生の主人公、ぼく(拓)のコンプレックスや、クラスメートとの関係などが等身大で語られ、同じ年頃の子どもたちの共感を大いに呼びそうです。

読んで、感じることは?

言いたいことが言えず、あらゆる面倒なトラブルを避けてゆるゆると生きている拓と、言いたいことを何でも言ってトラブルを巻き起こす転校生の真中さん。自分はどっちのタイプかな。

真中さんが正直で融通がきかなくなった理由は?
「正直」でいるってどういうのことなのか?と考えたことを書くのも読書感想文になりますね。

主人公と真中さんのキャラクターの違いをふまえて、
「~のところは共感できる」「~のところは自分と違う」
「私だったら~すると思う」「〇〇〇の~なところはいいと思う」など
気に入った場面や登場人物等について感想文は書きやすいと思います。

読むときには「フセン」を貼りながら読むとGOOD!

「おもしろかった」「感動した」「ここがすごく気になる」という箇所に付箋を貼るのです。

そして「なぜおもしろかったのか」「なぜ感動したか」「なぜ気になったか」をメモしておきます。

メモを見ながら・・・

どういう場面で、自分がおもしろかったか、なぜおもしろかったのか、どのように感動したか、なぜ感動したか、を書いていきましょう。

1