1. まとめトップ

読書感想文。課題図書「ぼくたちのリアル」のあらすじとポイント(小学生高学年向け)2017年

書き方・例文を知りたい方に!小学校高学年(5年生・6年生)向けの課題図書「ぼくたちのリアル」の読書感想文を書くときのポイントとあらすじをまとめました。第63回(2017年)青少年読書感想文全国コンクール向けの対策まとめのため、絵本の内容のネタバレ等が含まれますので、ご注意ください。

更新日: 2017年07月03日

0 お気に入り 16970 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ringo-mikanさん

ぼくたちのリアル (講談社) 著者:戸森 しるこ・著 佐藤 真紀子・絵

何ページあるの?

ストーリーは?

アスカは5年生の時のクラス替えで家が隣で幼馴染のリアルと同じクラスになる。リアルはスポーツ万能・学業優秀・尚且つ性格もよくて、学年では知らない人がいないというぐらいの人気者。

五年生のクラス替えで、アスカは隣に住むリアルと同じクラスになったことを内心疎ましく思う。成績優秀、スポーツ万能、人望も厚くて女子にはモテる。そんなリアルと比べられることが嫌で、いつの間にか距離ができていたからだ。

そんなクラスに転校生サジがやってきます。美少年で気の弱そうなサジはリアルにくっついて歩きます。
それが女子の目から見ても気になりだしあらぬうわさが出始めるほど。

人気子役との恋がこじれた合唱祭、リアルの家族の悲しい過去、サジへのいじめ……。それぞれ助けあいながら、三人は次第に友情を深めていく。

おはなしのポイントは?

222ページとボリュームがありますが、主人公の飛鳥井の語りで物語が進むのでとても読みやすい1冊です。

平凡な主人公(本人はそう思っている)と人気者の幼なじみ、
そして転校生の物語です。ライトノベルのようなキャラクターを
中心とした物語で、内容としては読みやすいと思います。

「LGBT」かんたんに言うとテレビタレントのマツコ・デラックスさんみたいな「いろんな性別」のともだちも出てくるお話です。

読んで、感じることは?

人を表面だけでとらえるのではなく、その奥に悩みや苦しみがあることを思いやり理解すること、自分の弱い面や辛いことを友達に打ち明けることにより友情が深まり互いに成長できるというテーマが込められています。

人のことをよく見ていて、実務的なフォローをよくするアスカが、二人をよく見守っているのも、素直で健気で、自分の周囲にそんな人たちがいたとき、こんな風に見守ることができるだろうかと考えさせられた。

主人公の何でもできる幼なじみに対するコンプレックスや、
身近な人の死についても触れますので、そういった内容でも
感想文を書くことはできると思います。

軽いタッチで書いてはいるけれど、実は隠されたテーマはとても重かったりする。お互いがお互いの存在を認め合い、それぞれが自分はそれでいいんだ。と納得することができる関係なんて羨ましい。

アスカのいいところ、リアルのいいところ、サジのいいところってどんなところだろう?それぞれの行動や言葉に注目しながら、自分なりに考えてみよう。

読むときには「フセン」を貼りながら読むとGOOD!

「おもしろかった」「感動した」「ここがすごく気になる」という箇所に付箋を貼るのです。

そして「なぜおもしろかったのか」「なぜ感動したか」「なぜ気になったか」をメモしておきます。

メモを見ながら・・・

どういう場面で、自分がおもしろかったか、なぜおもしろかったのか、どのように感動したか、なぜ感動したか、を書いていきましょう。

1