1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

16年度は498人で過去最多‥「心の病」による労災認定が増え続けている

過労などが原因で「心の病」を患い、労災認定された人が2016年度で、過去最多となったと厚生労働省が発表しました。

更新日: 2017年07月01日

kyama77さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
50 お気に入り 186144 view
お気に入り追加

●「心の病」を患い、労災認定された人が過去最多に

過労などが原因で「心の病」を患い、労災認定された人が2016年度は498人となり、

・過労自殺をした人は未遂を含めて「84人」

●厚生労働省が16年度の「過労死等の労災補償状況」を公表

労災の請求件数や認定件数の増加について、厚労省の担当者は「(電通事件で)精神障害が労災対象になることが周知されたことも要因の一つだ」としている。

・年代別では、40代が144人と最も多い

年代別に見ますと、40代が144人と最も多く、次いで、30代が136人、

30代~50代が前年度より微減となる中、20代は20人増えて107人となり、全体を押し上げた。

・認定の原因では「嫌がらせ、いじめ、暴行を受けた」が74件と最多

認定の原因では「嫌がらせ、いじめ、暴行を受けた」(74件)、「仕事内容や仕事量の変化」(63件)、

「2週間以上にわたって連続勤務を行った」の47件、「1カ月に80時間以上の時間外労働を行った」の39件などが目立ち、

・請求が多い業種は「医療・福祉」が302件で最多

請求が多い業種は「医療・福祉」が302件で最多。「製造業」(279件)、「卸・小売業」(220件)と続く。

・仕事による脳・心臓疾患の労災認定は260件

仕事による脳・心臓疾患の労災認定は260件で、このうち死亡したケース(過労死)は107件だった。

1 2 3





お気に入り登録してくださった方ありがとうございます。
気になることやみなさまのお役に立てるようなまとめを作っていきたいと思います。