1. まとめトップ

出会いが少なくなるのもありますが…友達ができない大人の原因とは?

元々人付き合いやコミュニケーションが苦手な人もいますが。社会人となりますます出会いが限られると、友達というのは誰でもできづらくなるものです。この友達ができないは女性の悩みにも多いということですが、その原因は男女とも出会いがない以上に自分自身に原因があるようです。

更新日: 2017年07月02日

4 お気に入り 4932 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

egawomsieteさん

■社会人に友達ができない原因は出会いがないよりも習慣のせい?

☆(1)同性との出会いが少ない

・「そもそもの出会いがない、上司か部下か、先輩か後輩の関係になってしまう」(24歳/医療・福祉/専門職)

・「基本家と会社の往復なので、新しい出会いの場に行くことがない」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

☆(2)生活スタイルが友達と合わない

・「社会人は結婚していたりして、それぞれ生活スタイルが違うから」(34歳/学校・教育関連/その他)

・「これまでの友達とも、仕事とか結婚生活とかいろんな環境の違いを感じるようになった」(33歳/情報・IT/事務系専門職)

☆(3)人との距離を置いてしまう

・「どこか距離を置いてしまう。学生のころのように気軽に話しかけることができなくなってしまった」(34歳/学校・教育関連/専門職)

・「人間関係に利害関係が絡んでくるので、距離感を計算しながらの付き合いになるから」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

■友達ができない人の特徴

☆(1)自分から積極的に行動しない

・「あまり自分から動かない人。動かなければ出会いもない」(26歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)

・「あまりいろんな人と出かけようとしないような気がする」(31歳/医療・福祉/専門職)

☆(2)自分からは話しかけない

・「自分から声をかけたりしない。受け身」(27歳/医療・福祉/専門職)

・「自分から喋りかけない、喋りかけられても、反応が薄い」(31歳/生保・損保/営業職)

☆(3)友達を必要としていない

・「そもそも友達を必要としていない人」(33歳/その他/事務系専門職)

・「そもそも友達がほしいと思っていない」(32歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

☆(4)ひとりで過ごすのが苦じゃない

・「休日の過ごし方がインドアな人で、ひとりで過ごす時間が好きな人」(28歳/医療・福祉/専門職)

・「あまり人に興味がない。ひとりでも大丈夫」(34歳/学校・教育関連/専門職)

☆(5)人とのコミュニケーションが苦手

・「自分からコミュニケーションをとるのが苦手な人」(25歳/学校・教育関連/専門職)

・「自分から積極的に話しかけられない人。コミュニケーションを苦手とする人」(33歳/機械・精密機器/営業職)

☆(6)仕事に打ち込んでいる

・「なかなか仕事以外で出会いがないため」(25歳/団体・公益法人・官公庁/営業職)

・「仕事に打ち込みすぎて時間がない人」(27歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

☆(7)自分のことしか考えていない

・「自分のことしか考えていなくて、自分の価値観を人に押しつける人」(28歳/その他/その他)

・「自分の意見だけが正しいと信じている人。まわりを受け入れないと友達にはなれないから」(24歳/不動産/事務系専門職)

■相手に嫌われてしまう

相手に嫌われてしまっては、当然友達にはなれません。男性同士なので、女性ほど気を使う必要はありませんが、自分がされて嫌な事は相手にもしないように気を付けましょう。

自慢話は避ける

他人の自慢話って、聞いていて楽しいと思えないですよね?僕は他人の自慢話があまり好きではなので、自慢話が多い方とは無意識のうちに距離を空けてしまいます。

自慢話は冗談ぽく言ってみたり、何かのエピソードの一つで話すなど、話し方次第でだいぶ印象は変わります。どうしても話したいのであれば、失敗談も織り交ぜるなどしてみて伝え方を考えてみてください。

それができないのであれば、自慢話はしないように心掛けましょう。

■学生の頃からほとんど友達がいない

学生の頃からほとんど友達がいないという方は当然のように社会人になっても友達がいない場合が多いです。

おそらくすでに学生時代から友達がいない原因を持っている人なのでしょう。

またそのような人は友達がいないことに慣れきってしまって、それを苦と思わなくなってしまっている可能性もあります。

そういう方は要注意で、学生から社会人になっても、ずっと友達がいないままである場合が多いです。

このような方は少しでも友達を作る努力をしたほうがいいですよ。

このまま何もしないでいたら、あなたは社会人になってもずっと友達がいないままになってしまいます

■遊びよりも仕事を優先してしまう

学生の頃は友達がいたけど、社会人になった途端に友達と疎遠になってしまって、気づいたら友達がいないというパターンもあります。

このような人は仕事に打ち込むあまりに友達との繋がりが崩壊してしまった人です。

何度も何度も遊びに誘っても「仕事があるから」という返事しかもらえなかったら、自然とその人を誘うのをやめてしまいますよね?「どうせ断られるし」と思って、誘わなくなります。

こうしてせっかくの友達が一人、また一人と消えていくのです。

遊びよりも仕事を優先するあまりにこのようにして大事な友人を失っていませんか?一度失った友人はもう取り戻せないかもしれませんよ。

仕事を大事にすることもいいですが「気づいたら友達がいなくなっていた…」ということにならないようにしてくださいね。

■仕事が忙しく疎遠がちになる

学生の頃と違い社会人になると多忙な日々を過ごすことになるでしょう。多忙なあまりプライベートもかまっている暇がなくなってしまいがちです。

そのため、学生の頃の友達と疎遠になることはよくある事です。それと、スケジュール管理も必要になるため自分と相手の仕事のスケジュール把握して会う日程をしっかり合わせないといけません。

なによりも社会人はバイトと違い、勤務日数、時間が長いため一日の大半を会社で過ごしています。そんな生活を週5日と過ごしていると忙しさのあまり帰宅するころにはくたくたになってしまうでしょう。

そして休日になると友達と会うのもめんどくさくなり家でゴロゴロしたくなると思います。そうなるといつの間にか友達とも疎遠になり、友達がいないということになりかねません。

◇転勤が多いとさらに厳しい

転勤が多い社会人というのは、どうしても友達がいないことが多いようです!

転勤先でやっと周りの環境に慣れはじめてきた頃に友達をつくって休日など楽しみたいなぁと思っていても、また転勤があるのかと思うと積極的に友達づくりができないのです。 
 
やっと仲良くなれた友達と離れるとなると、また寂しい思いをしなくてはならなくなるからです。

■「格差」を気にする

1 2