1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

■『ウォーター イン クォーツ』■

太古の水が閉じ込められた水晶

ウォーター・イン・クォーツ(水入り水晶)は水晶が形成される際、何らかの理由で「水」が水晶内に封入された結果生じたクリスタルです。

内包された水は、数千万年から数億年前の水であるとされ、別名「ヴァージン ウォーター」と呼ばれています。

天然水晶が地中で成長していく過程で、地殻の大変動や環境の劇的変化によって水晶の周辺に水が入り、その後再び水晶が成長する間に偶然にも内側へ封じ込められました。極めて希で数万個に1個程度しか発見されない貴重な水晶です。

水入り水晶を傾けると、水に含まれている気泡が水晶内部を移動することにより、太古の水が入っていることを目で確認出来ます。

■『Hydro Power Calculator』■

超小型の水電池で動作する水力電池電卓

「地球に優しい」という言葉が世界中に溢れる現代。そんな時代にはピッタリな、ほんの少しの水だけで動作するECOな電卓が存在する。

見ての通り見た目が特徴的で、3本の水力電池がピョコンと飛び出しています。2〜3ヶ月に1回交換、水力電池の寿命は2年程度とのこと。

■『ペーパーウェイト』■

◎水たまりペーパーウェイト◎

こぼした水のようなペーパーウェイト

ガラス作家さんの作品。水たまりがテーマでひとつひとつ形が違うのだそうです。

◎カバの文鎮◎

文鎮的なカバは書類の上を泳ぐ

大阪錫器で製作されたこのペーパーウエイトは錫製の鋳物で製作されており、デザインが何ともキュート

高級感・重量感のあるカバです。文鎮なんです。ペーパーウェイトなんてかっこいい呼び方もあるるけど・・・文鎮です。これは鏡面仕上げ。つや消しのものもあります。

1 2 3





日頃のちょっと気になったこと、目についたオモシロイ事をまとめています。読んでくれた方がほっこり、そして後味がいいと思って貰えればうれしいです。