1. まとめトップ

藤井聡太四段、イケメン佐々木勇気五段に敗北。30連勝にならず

中学3年生の藤井聡太四段が26日の対局に勝ち、連勝を29に伸ばしてますます人気は加速にた。記録を30年ぶりに更新、歴代単独1位になりましたが、佐々木勇気5段には勝てなかった・・・

更新日: 2017年07月02日

0 お気に入り 1235 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tomomo-nさん

前人未到の偉業を成し遂げた「藤井聡太」

藤井聡太四段は去年10月に史上最年少の14歳2か月でプロ棋士となった

デビュー以来、公式戦で負けなしの史上最年少プロ棋士・藤井聡太四段(14)が7月2日、史上初の公式戦30連勝を懸けて「第30期竜王戦」の決勝トーナメント2回戦に臨む。

6月26日、1987年に神谷広志八段(56)が樹立した最多の28連勝を30年ぶりに塗り替える29連勝を達成。

藤井四段はこの対局に勝てば、みずからの最多連勝記録を更新して30連勝となります。

30連勝の意気込みについては

「プレッシャーはあるが、連勝記録は意識せずに一局一局、全力を尽くして指していきたい」と意気込みを語る藤井四段

2日、将棋会館には物凄い人!

対戦相手はイケメンの「佐々木勇気」

棋士番号 280
生年月日 1994年8月5日(22歳)
出身地 埼玉県三郷市
師匠 石田和雄九段
竜王戦 4組
順位戦 C級1組

1994年にスイス・ジュネーブで生まれ、後に埼玉県三郷市で育つ。小学校4年だった2004年に「小学生名人戦」で優勝。渡辺明竜王以来の快挙を果たした。

16歳でプロ入りした若手強豪の一人で、2016年5月には非公式の対局ながらプロ入り前の藤井四段に勝利している

八大タイトルの一つ「棋王戦」の挑戦者決定戦に勝ち進んだこともある実力派

藤井四段の対局を間近で見て、今の将棋界の盛り上がりを肌で感じました。私も刺激を受けていますが、周りの雰囲気にのまれずに連勝を止める気で臨みます

今朝の闘志ピシピシ 佐々木勇気 五段と終局後のフワッと勇気先生を置いておきます 「壁になる」覚悟を現実にする姿が 本当にカッコよかった!! pic.twitter.com/OITQx8HImM

昼食後は緊張がほぐれたのか?

やたらと昼に何を食べたかまでニュースにしなくても…と思ったけど…このクソ暑くて冷やし中華大盛りで食べてる藤井四段に対し、佐々木五段は熱々肉どうふに餅入り!!…以上です。 nikkansports.com/general/nikkan…

今日のお昼、いつもはおうどん食べてる藤井四段が今日は冷やし中華食べたっていうから、えー大丈夫かな?って話してたらほんまに連勝ストップしてた

自身の持つ公式戦の連勝記録は「29」でストップ

藤井四段の後手番で指し手は進み、中盤では若手実力者の佐々木五段が有利に展開した。

1 2