1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

死者数が1500人に上る…イエメンでのコレラによる被害がヤバすぎる

WHO(世界保健機関)は1日、内戦状態に陥っている中東イエメンでのコレラによる死者数が過去2か月の間で1500人に上ったと明らかにしました。

更新日: 2017年07月03日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
7 お気に入り 40352 view
お気に入り追加

○イエメンでのコレラによる死者数が1500人に上ったと発表

WHO(世界保健機関)は1日、内戦状態に陥っている中東イエメンでのコレラによる死者数が過去2か月の間で1500人に上ったと明らかにしました。

イエメンでのコレラの流行で、死者が1500人を超えたと明らかにした。

○コレラに感染した人の数が8月末までに30万人を超えると発表

ユニセフ(国連児童基金)と世界保健機関(WHO)が共同声明を発表し、内戦の続くイエメンの感染者は20万人を超えたと推定されると明らかにした。

ユニセフ(=国連児童基金)との共同記者会見で述べたもので、ユニセフの担当者は、大勢の子供の生命が危険にさらされていると警鐘を鳴らした。

先に、ユニセフはコレラに感染した人の数が8月末までに30万人を超えると発表した。

○イエメンでは内戦が長期化している

イエメンでは、政権側と反体制派の対立に隣国のサウジアラビアなどが介入して内戦が長期化

イエメンでは、大統領派とイスラム教シーア派系の武装組織の間で内戦が続いていて、医師や薬が不足しており、衛生環境も悪化している。

政府軍と、イスラム教シーア派の反政府勢力「フーシ派」との内戦が続いており、このため国内の医療や水道、公衆衛生などの態勢が破綻(はたん)しつつある。

○衛生状態の悪化でコレラの感染が拡大

市民の間では、衛生状態の悪化でコレラの感染が拡大しています。

先月末の時点でコレラの感染で1500人が死亡したほか、感染の疑いがある人が25万人近くと、1か月前の4倍に増えていることを明らかにしました。

感染者の数は1日に5000人のペースで増え続けており、犠牲者の数はさらに増えると懸念されている。

○コレラとは?

コレラは、コレラ菌に汚染された食品や水の摂取で起きる、急性胃腸炎。

経口摂取後、胃の酸性環境で死滅しなかった菌が、小腸下部に達し定着・増殖し、感染局所で菌が産生したコレラ毒素が細胞内に侵入して病態を引き起こします。

感染者ほとんどは、発症しないか、発症しても軽症で済むが、劇症の場合は治療しないと数時間で死に至る場合もある。

○このニュースはネットでも話題になっています

イエメンが大変なことになってるのに、Amazonでモカマタリ売ってたな。本物かあやしいもんだ。

ソコトラ島めっっっっっちゃ行きたいけど、イエメンなので…あの…渡航……できない………

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。