1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

通話料金が高額になる恐れも‥パプアニューギニアからの不審電話が怖い‥

ソフトバンク株式会社は3日同社の携帯電話宛に、パプアニューギニアからの不審な国際電話の着信が確認されていると注意喚起。電話番号が675で始まるナンバーからの着信が、ソフトバンクユーザーを中心に発生している。NTTドコモ、KDDIなど携帯各社が注意を呼び掛けている

更新日: 2017年07月06日

karumaru0505さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
44 お気に入り 139662 view
お気に入り追加

パプアニューギニアからの不審電話が多発している

ふと着信履歴をみると、見知らぬ電話番号から着信あり。不審に思いつつも、重要な連絡ではないかと思って折り返した

携帯電話を持っているユーザーなら誰しも一度は経験がありそうなものですが、かかってきた電話番号の冒頭は、しっかりと確認した方がいいかも知れません。

ミサカもパプアニューギニアから電話来たんだけどみんなきてるもんなの?(笑) pic.twitter.com/0Gt1ljU8tM

折り返すと高額料金が発生する可能性も

国際電話番号をかける際には、その国に割り振られている国番号を電話番号の前に入力する必要があり、例えば日本なら「+81」、アメリカなら「+1」などと国番号が決まっている。

今回のケースでは、パプアニューギニアからの電話であることを示す「+675」から始まる電場番号が履歴に残る

携帯各社が注意を呼び掛けている

7月3日付の発表によると、ソフトバンクの携帯電話あてに「+675」から始まるパプアニューギニアからの不審な国際電話の着信を確認しているという。

NTTドコモは、「件数や詳細については、現在、調査中で影響の範囲についても確認中」としています

一方、KDDIも「利用者から問い合わせがあり、心当たりのない番号には折り返さないように注意喚起している」ということです。

<注意喚起> 最近、ソフトバンクの携帯電話宛てに、+675から始まるパプアニューギニアからの不審な国際電話の着信が確認されています。心当たりのない番号への折り返し電話をされないよう、くれぐれもご注意ください。 ➡softbank.jp/mobile/info/pe… #SoftBank

うっかり折り返してしまうと‥

折り返してしまったユーザーの報告では「2分間ほどの沈黙ののち、知らない言語で話しかけられた」

「名前を聞いてきた」といった内容がみられ、出来る限り通話時間を稼ごうとする悪質な手口がうかがえます

海外の悪質な業者が現地の電話会社などと結託しており、折り返しで日本から国際電話をかけた人から高額の料金をかすめ取って山分けしている、といった可能性もささやかれている。

このニュースが話題になっている

私も今日の明け方、パプアニューギニアから電話きた!怖い…

パプアニューギニアから、私にも電話来た(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾怖いんだけど

1 2 3





ネットで話題になったことをまとめていきたいと思います。