1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

台風3号 列島横断の恐れも‥イベント中止に体調や休校の声

台風3号が発生し進路や各地の影響が心配…今回の台風の特徴やネットからも様々な反響が気になります。

更新日: 2017年07月04日

4 お気に入り 43121 view
お気に入り追加

台風3号は長崎市の南西を北北東へ上陸する可能性が高い

台風第3号は、長崎市の南西にあって1時間におよそ45キロの速さで北北東へ進んでいる。

中心の気圧は985ヘクトパスカル 中心付近の最大風速は30メートル、 最大瞬間風速は40メートル

その後は四国や本州付近を東に進む見通しで、気象庁は、台風が接近する地域では大雨や強風、高波に警戒するよう呼び掛けている。

活発な前線の影響で…北陸や新潟県に激しい雨

この72時間に降った雨の量は、多いところで300ミリ前後に達し、平年の7月1か月分を超える大雨となっています。

気象庁は新潟県の広域に大雨・洪水警報を、富山県東部などに大雨警報を出し、土砂災害への警戒を呼び掛けています。

川の洪水や氾濫、それに住宅街などの浸水の危険性が高い地域を細かく色分けして示す新たな情報の発表を、4日午後から開始します。

各地の大雨と暴風の警戒期間

西日本から東日本の太平洋側を中心に、雷を伴った非常に激しい雨が降り、九州や四国では局地的に1時間に80ミリを超える猛烈な雨になる可能性がある。

比較的コンパクトで、中心付近に活発な雨雲がまとまっています。

雲の大きさとしてはコンパクトですが、広範囲に影響する進路を取りそうです。

台風の影響で海と空に欠航も

4日の国内の空の便は、九州の各空港を発着する一部の便で、すでに欠航が決まっています。

空の便はソラシドエアが4日午前中の熊本・東京間の1往復2便を欠航。海の便は熊本と島原を結ぶ九商フェリーが4日始発からの運航見合わせを決めています。

今回の台風3号のニュースにネットからも様々な反応が

新潟が雨続きで大変だけど、米への影響も気になるところ。

自然のことだから仕方ないのかもしれないけれど、最近、日本列島を、長雨、台風、地震が襲ってきている。 「自然のことだから仕方ないのかも」ではなく、科学が進んでいる今だからこそ、科学の力を信じて、早めの対応をしないといけないですね。

おはようございます。台風接近中で、空はどんより。雨はまだ降ってない。大きな被害なく過ぎ去ってくれますように。

台風に関連した様々な中止を懸念する声も

1 2





キメラのつばささん

楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。