1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

北朝鮮が弾道ミサイル発射‥トランプ大統領が中国の役割をツイート

北朝鮮が今回が5回目となる日本の排他的経済水域内に弾道ミサイルを落下させる事態に…現状と今後の動きが気になります。

更新日: 2017年07月04日

3 お気に入り 22917 view
お気に入り追加

北朝鮮が日本海の経済水域に弾道ミサイル1発発射

北朝鮮は4日午前、北西部から日本海に向かって弾道ミサイル1発を発射しました。

ミサイルは約40分飛行し、日本の排他的経済水域(EEZ)内の日本海に落下したとみられる。

韓国軍の合同参謀本部からの発表によりますと…4日午前9時40分

平安北道(ピョンアンブクド)バンヒョン飛行場一帯から未詳の弾道ミサイルを東海上に発射した」と明らかにした。

何らかの弾道ミサイルを発射したと発表した。声明を送付した。

発射の報告を受け、国家安全保障会議を招集した。会議は0230GMT(同午前11時30分)に開かれる予定。

ミサイル発射を受けて日本政府の対応や発表

閣議後に記者会見し、航空機や船舶への被害も確認されていないと発表した。

海上保安庁によると、弾道ミサイルは日本の排他的経済水域(EEZ)内に着水の可能性がある。

落下物などを発見した場合には、近づくことなく、関連情報を海上保安庁に通報するよう呼びかけている。

このミサイル発射ニュースにネットからも様々な声が

北朝鮮ミサイル発射。40分間飛翔したようである。これは、ICBМの2弾目のロケットの発射実験とみられる。きわめて危険な兆候である。先の米韓首脳会談で、8月の米韓合同軍事演習は予定通りやることに決まったことにも関係がある。米国は単独でも北攻撃に踏み切る恐れがある。

台風来とる時にミサイル発射か…。 どれだけ飛ばせるか実験したかったのか?

北のミサイル発射で排他的経済的水域内に落下だって。怖いなぁ。

しかし日本の与党が体勢崩して話題が欲しい時にミサイル発射して注目を集めるとはいつもながら北朝鮮のPR戦略やるねぇ。

【北朝鮮弾道ミサイル発射(第三報)】 今回の特徴は「約40分飛行」だ。今年5月14日ミサイル発射時は、約30分飛行だったが、今回は10分程上回っている。前回は約2200km上空まで飛んだとの分析があったが、今回はそれを上回る可能性が高い。かなりのロフテッド軌道射撃の可能性も。

北朝鮮がミサイル発射。 発射から着弾まで40分間もかかったと報道してます。 これは超高高度のロフテッド軌道です。 このような軌道は、現在の米軍、自衛隊の装備で迎撃は不可能です。

ロフテッド軌道か 厄介ですな 果たして日本やアメリカは対処出来るのか否か 重大な脅威はすぐそこまで来ている

北朝鮮のミサイル飛ぶ度に誠に遺憾ばっかり言ってないで、ロフテッド軌道のミサイルを狙撃出来るような装置を作って欲しい。

トランプ大統領も北朝鮮のミサイル発射にツイート

1 2





キメラのつばささん

楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。