1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「心身ともに落ち込んでいた」と吐露…南果歩が渡辺謙の不倫報道で語ったこと

女優南果歩(53)が4日、都内でBSプレミアム主演ドラマ「定年女子」(9日スタート、日曜午後10時)の会見に共演の草刈民代、清水ミチコ、石野真子と出席した。

更新日: 2017年07月07日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
9 お気に入り 123078 view
お気に入り追加

○女優・南果歩がドラマ「定年女子」の会見を行った

女優・南果歩(53)が4日、都内で行われた主演のNHKドラマ「定年女子」(日曜・後10時、9日スタート)の会見を行った。

NHKで主演するNHK BSプレミアムのドラマ『定年女子』(毎週日曜 後10:00、9日スタート)の会見に参加。

3月に夫で俳優・渡辺謙(57)の不倫が報道されて以来、マスコミの前に姿を見せるのは初めて。

○南果歩が夫の不倫報道で初めて心境吐露

役職を外され、会社を辞めることになった女性のセカンドライフを描き、5月から収録をスタートしている。

南は「心身共に疲れて落ち込んでいた時期に、こういう作品に巡り合えたのは神様が引き合わせてくれた、素晴らしいご縁」と役について語り、50代に入ったことで心境の変化があったこと明かした。

○旦那の浮気が原因で離婚したシングルマザーを演じる

家庭では娘を育て上げて、仕事では会社の都合で“役職定年”の転機を迎える役どころだ。

○「神様に巡り合えたようだった」と少し元気を取り戻せたという

南は「心身ともに落ち込んでいた」と初めて心境を明かし、田渕久美子氏の脚本を読んで「神様に巡り合えたようだった」と少し元気を取り戻せたという。

○夫についてコメントすることはなかった

さらに「これも、あれも人生を振り返って、どこまで腹をくくれるか」と意味深長なコメント。

南は3月に夫で俳優の渡辺謙(57)の元ホステスの女性との不倫が報じられてから初めての公の場。発言が注目されたが、夫についてコメントすることはなかった。

○当の渡辺は大河ドラマの「西郷どん」に出演

18年に放送される次期大河ドラマの「西郷どん」(NHK)にて、渡辺謙が島津家第28代当主の島津斉彬を演じることが分かった。

渡辺は「鹿児島で絶大な人気を持つ斉彬公」を演じるにあたり、「彼の苦悩、無念、希望、勇気、様々な思いを感じながら生きていこうと思っております」と決意表明。

しかし「きっちり話をさせてもらいます」と宣言した不倫スキャンダルに関する会見は3ヶ月経った今も開かれず、マスコミやファンから槍玉に挙げられている。

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。