1. まとめトップ

東スポヤバイ!「ひふみん」が完全な捏造記事を掲載されて怒っている。

2017年6月20日に現役引退した「ひふみん」こと、棋士の加藤一二三九段(77)が、自身のツイッターで7月2日、同日東スポWebで公開された記事に憤慨している。

更新日: 2017年07月05日

1 お気に入り 5795 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sting222さん

ひふみん、東スポ記事に激怒

2017年6月20日に現役引退した「ひふみん」こと、棋士の加藤一二三九段(77)が、自身のツイッターで7月2日、同日東スポWebで公開された記事に憤慨している。

加藤九段は7月2日、「東スポさんには完全な捏造記事を掲載されて困惑しております。なぜあんなに悪意を持たれるのか理解できない。 連盟経由で抗議するしかない。」とツイート

問題の記事

「棋士引退・ひふみん 藤井四段効果だ!年収1億円」という見出し

東スポWebで公開された記事は、加藤一二三九段に各メディアから出演依頼が殺到し、ギャラは総額1億円に上るのではないか、という内容だった

藤井聡太四段が登場したことで、加藤九段に再びスポットライトが当たり、多額の収入を得る頃ができるとしている

記事ではほかにも、「ひふみん伝説」と題して…悪意がある?

大の猫好きでも知られ、東京・三鷹市の集合住宅の自宅庭でノラ猫に餌を与えていたが、近所からの糞害や車を傷つけられるなどの苦情を聞き入れなかったため、2008年、餌やり中止を求めた住民訴訟を起こされ敗訴。将棋以外の戦いには向いていなかったようだ。

連盟経由で抗議するしかない。

加藤9段は「東スポさんには完全な捏造記事を掲載されて困惑しております。なぜあんなに悪意を持たれるのか理解できない。 連盟経由で抗議するしかない。」とツイッターに投稿。

1