1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ドンキだけじゃない!日本を席巻しそうな格安4Kテレビの数々

格安国産4Kテレビについてのまとめです

更新日: 2017年07月05日

asuho_manさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
49 お気に入り 95181 view
お気に入り追加

韓国・中国メーカーに押され気味のテレビ市場

現在、有機ELパネルは大型はLG電子、中小型はサムスン電子と韓国メーカーが市場をほぼ占めている。

有機ELテレビはパナソニックなど日本の家電メーカーが相次いで発売している。ただ、基幹部材となる有機ELパネルは先行する韓国メーカーがほぼシェアを独占しており、後発のシャープは厳しい競争を強いられそうだ。

しかし、日本メーカーの逆襲が始まりつつある

発売から即完売になったドンキホーテの4Kテレビ

ディスカウントストア「ドン・キホーテ」がプライベートブランドの50V型4K液晶テレビを2017年6月15日から5万4800円(税抜)で発売した

ところ売り切れ店が続出、予約生産販売に変更したものの6月21日、生産が追い付かず予約も中止したことが分かった。

一部では「ジェネリック・レグザ」として話題に

UIや番組表などもREGZAで使われているものをそのまま使っているようで、まさにジェネリックREGZAと呼んで差し支えないものだと思われます。

ドン・キホーテの4Kテレビは、テレビであるので、地上/BS/110度CSデジタルのチューナーを2基搭載しています。

ヤマダ電機独占販売の「船井電器」の4Kテレビ

船井電機とヤマダ電機は、FUNAIブランドのテレビとBlu-rayレコーダを6月2日より発売する。

テレビは、HDDを内蔵するなど録画対応が特徴で、4Kテレビを8機種、2Kを3機種の合計11モデルを投入し、2017年度にシェア5%、販売台数30万台、2020年度にシェア20%を目指す。

このFUNAIは、日本国内でヤマダ電機とタッグを組み4Kテレビを投入。価格は43型で11万4800円、49型で約18万円、55型でも約20万円だ。

ソニーから復活…!「aiwa」のテレビも登場予定

今年2月にソニーからブランドの譲渡を受けたアイワは、「aiwa」ブランドの4KテレビのUZシリーズ3機種とHDテレビのFZシリーズ2機種を9月末から順次発売する。

家電卸の角田無線電機や加賀ソルネットを通じて全国の家電量販店や総合スーパーなどで販売する。

55型の4Kテレビ「TV-55UF10」の価格はオープンで、税別の実勢価格は13万8000円前後を予定する。

4Kの49型「TV-49UF10」は11万8000円前後、43型の「TV-43UF10」は9万5800円前後。HDの32型「TV-32FF10」は3万9800円前後、24型の「TV-24FF10」は2万9800円前後を予定する。

1 2





asuho_manさん

漫画、政治経済問題、スポーツなど幅広くまとめていきたいと思います。分かりにくく複雑な事をシンプルにまとめたいと思います。