1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ミスユニバース日本代表に阿部祐二さんの長女!阿部桃子さんが美人すぎる

“世界一の美女”を決めるコンテスト「2017ミス・ユニバース」の日本代表の最終選考会が4日、都内で行われ、千葉代表の大学生・阿部桃子さんがグランプリに輝きました。

更新日: 2017年07月08日

kyama77さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
15 お気に入り 171877 view
お気に入り追加

●「2017 ミス・ユニバース・ジャパン」阿部桃子さんがグランプリに!

ミス・ユニバース日本代表に阿部桃子さん…日テレ「スッキリ!」阿部祐二リポーターの長女 dlvr.it/PS8MTD #芸能ニュース #スポーツ新聞 pic.twitter.com/jvSDIbiJio

美の祭典『2017 ミス・ユニバース・ジャパン』の最終選考会が4日、都内で行われ、

2位は愛媛県代表の福岡佳奈子さん(27)、3位は東京都代表の小柴綾香さん(25)、4位は長野県代表の小西夏生さん(25)。

●阿部さんは、テレビリポーターの阿部祐二さんの長女

・「感謝の気持ちでいっぱいです」と感無量のスピーチ

阿部さんは「ミス・ユニバースになった阿部桃子と申します。ファイナリストのお陰でここに立っています。

・「去年の7月は、今より10キロ太っていた」と明かした阿部さん

「去年の7月は、今より10キロ太っていて、メークもできない、髪も巻けない感じでした。本当に皆さんに支えていただいた」と感謝

大学を卒業し、「しっかり奉仕活動したい」と同コンテストに応募したことを明かした。

・父・祐二さんには「自分を信じろ、結果はついてくる」とアバイスされたという

阿部さんは、グランプリ受賞後に父の祐二さんと「ゆっくり話せていない」と言い、

大会前にアドバイスとして「自分を信じろ。結果はついてくる。自分らしく頑張りなさい」といわれたと明かした。

・時折、笑顔見せるも「1分1秒を無駄にせず、努力していく」と意気込み

報道陣から「お父さんはグランプリ獲得になんて言うと思うか?」と聞かれ、「事件です(笑い)」と父の定番フレーズを使い、笑いを誘った。

父が見守る中で「ここは私のスタート地点。ファイナリストの気持ちを背負って、1分1秒を無駄にせず、努力していく」と声を震わせた。

・さらに「世界大会にも強い気持ちを持っていきたい」とコメント

昨年4月にカンボジアを訪れ、エイズに感染した子どもたちとの触れ合った。

私のスタート地点ではありますが、ファイナリスト全員が強い気持ちを持っています。世界大会にも強い気持ちを持っていきたいです」と力強く語った。

1 2 3





お気に入り登録してくださった方ありがとうございます。
気になることやみなさまのお役に立てるようなまとめを作っていきたいと思います。