お坊さんもいる『宿坊』に泊まる。
事前に電話で予約可能。宿泊できる一日の人数は決まっているので注意。

中はかなり綺麗。料金は12,000円(2017年現在)。
恐山は硫黄臭が強く、電化製品が壊れやすいため、部屋にテレビ・時計はない。
電波は入らない(窓側に行くと入るという意見もあるが部屋による)。

朝は早朝に起きておつとめがある。

【おつとめの内容】
お坊さんがお経を唱えるので聞く
移動し、遺影や遺品がある部屋に行き、死者に祈りを捧げる。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【日本一死に近い場所】恐山で一泊する方法

行ってはいけないと言われる恐山。実は見所が多い。

このまとめを見る