1. まとめトップ

「雨の日専用ヘアアレンジ♡」があればもう悩まない!【長さ別10選】

雨や湿気で髪が広がりやすいときでも可愛い髪型でいたいですよね。そこで今回は雨の日や湿気が多い時期におすすめなアレンジ方法をまとめました。梅雨や台風、夏の蒸し暑い日……いやな湿気にも負けない「雨の日専用ヘアアレンジ」で可愛く、快適に過ごしましょう。

更新日: 2018年04月27日

4 お気に入り 11510 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

▷雨の日には髪の毛の悩みがつきもの

広がった髪の毛が汗でくっついたり・・・とにかく鬱陶しい

雨の日の髪の悩みといえば、うねりや広がり、くせが強く出る、前髪が思うようにスタイリングできない。

すべては湿気のせい!

▷それでも可愛い髪型でいたいんです

雨の日は髪の毛死んでどうしようもなくなるのやだな~ 巻いてなくても可愛くなる髪型の追求したい

▷おすすめの髪型は【まとめ髪】

せっかくキレイに巻いても、雨だとすぐ解けてダルンダルンという人も少なくないはず。巻いたダウンヘアを美しく保つのは難しいので、崩れにくいまとめ髪がおすすめなんです。

ロングヘア×まとめ髪

出典hair.cm

ロングヘアの広がりが気になる人はまとめ髪で乗り切りましょう♪ 耳の上あたりのサイドの毛をとってロープ編みをしてゴムで留めます。
反対サイドも同じようにロープ編みをしてピンで留めます。
これでギブソンタック風のまとめ髪の完成です。

結ぶ位置で印象が変わります。
高い位置で束ねるとキュートに、低めの位置なら大人っぽいポニーテールになります。結んだゴムが見えるのはNG!ヘアアクセをつけるか、一束とった髪の毛を巻きつけて隠しましょう。

ポイントは三つ編みを作り終えたら、下側からほぐして緩い感じに仕上げることです。

こうすることでオシャレで知的な女性に見せることも出来ますし、今時な雰囲気になります。



編み込むことに慣れている人であれば、上から編み込んで三つ編みしていくのもいいですね。

仕上げにリボンなどでアクセントをつけると可愛くなりますよ。

トップを三つ編みします。
毛先は輪っかのようにしてゴムで結び、ほぐします。
襟足の髪をゴムで結んだら、逆りんぱをします。
サイドの髪をねじって後ろで留めます。
出ている毛先をピンでとめたら完成です。

ミディアムヘア×まとめ髪

くるりんぱ・三つ編みを組み合わえたポニーテール。
ポイントごとにまとめているので広がりやすい髪もすっきり見えます

上段の髪半分をとってくるりんぱ→崩すだけの簡単アレンジ

ひとつに結んだ後、毛先をいくつかゴムの中に押し込んでドーナツを作ります。
毛束をつまむようにしてふんわりさせることを忘れずに。

ショートヘア×まとめ髪

ショートヘアの人は雨の日でも広がりやうねりを感じづらいと考えられますが、前髪やサイドの髪がまとまらずスタイリングの邪魔になることがあります。

前髪の表面だけにワックスをつけて、きつめにねじってお気に入りのバレッタで留めましょう。

前髪をいつもの位置で分けたら一束取ってねじっていきます。
耳の後ろ辺りで、アメピンで留めます。
他の髪をかぶせてピンが見えなくなるようにしましょう。
耳前に少し髪を持ってくるとかわいいです。

1