1. まとめトップ

東出昌大が一人二役!主演映画で新境地『寝ても覚めても』

ドラマ「あなたのことはそれほど」の怪演が記憶に新しい東出昌大が、芥川賞作家・柴崎友香原作の映画「寝ても覚めても」に主演する。ヒロインにはソニー損保のCMなどで知られ、現在ドラマ「ブランケット・キャッツ」出演中の唐田えりかを抜擢。東出は一人二役という難役に挑む。

更新日: 2020年01月23日

0 お気に入り 4425 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆人気俳優の東出昌大

高校時代からモデルとして雑誌「MEN'S NON-NO」やパリコレなどで活躍し、映画『桐島、部活やめるってよ』で俳優デビュー。NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」で大ブレイク。

◆演技面ではこれまで批判されることも少なくなかったが…

『デスノート Light up the NEW world』(2016)

好意的な声もあるのですが、“東出=演技力に難アリ”のイメージが強すぎて、批判の対象になってしまっている印象です。

主演映画『デスノート Light up the NEW world』(2016)について

「もがき苦しみながら必死でこの4年間やってきました。そうする中で、今、やっと演じるということがほんの少しずつわかってきたという感じです。」2代目阿部寛になる日は近いのかもしれない。

東出のコメント。現在では名優といわれる阿部寛も、かつて演技を酷評されていた。

◆前作『あなたのことはそれほど』の演技は絶賛された

世紀のW不倫ドラマ『あなたのことはそれほど』(TBS系毎週火曜10:00~/以下 あなそれ)で、(いい意味で)"気持ち悪い!"人物を的確に演じて、イケメンとは真逆の評価を欲しいままにしている。

ドラマ『あなたのことはそれほど』の最終回が20日に放送され、平均視聴率が14.8%だったことがわかった。美都に執着する夫・涼太役の東出昌大の怪演や、衝撃的な展開の数々で話題を呼んだ。

◆そんな東出が映画『寝ても覚めても』に主演

俳優の東出昌大(29)が、映画「寝ても覚めても」(濱口竜介監督、来年公開)で主演。

メガホンを執るのは、本作で商業映画デビューを果たす濱口竜介監督。『ハッピーアワー』でロカルノ、ナント、シンガポールなど数々の映画祭で各賞を受賞、芸術選奨文部科学大臣新人賞にも輝くなど、今もっとも新作が渇望されているひとり。

◆原作は芥川賞作家・柴崎友香の同名小説

忘れられないかつての恋人と、その恋人と同じ顔をした現在の恋人との間で揺れ動く女性の年月を描き、多くの女性の共感を集めた名作が満を持しての映画化。

物語は、大阪に住む21歳の朝子が、青年・麦(バク)と運命的な恋に落ちることから始まる。しかし、麦はある日に忽然と朝子の前から姿を消してしまう。それから2年後、東京に引っ越した朝子は、麦にそっくりな亮平と出会う。

◆東出は一人二役という難役に挑む

東出はミステリアスな自由人と、優しくて誠実なサラリーマンという、同じ顔を持ち同じ女性を愛する、タイプの違う二人の男を一人二役で演じる。

フリーターの麦は人なつっこい性格で、行動が読めず、何を考えているか分からない雰囲気で“彼女”をまどわす。真面目な亮平は日本酒の製造会社に勤務し、安心感のある彼氏として描かれる。

「不安と好奇の入り混じった複雑な想いで、台本とにらめっこしている日々を過ごしておりますが、奇跡のような映画を作れればと思っております。頑張りますので、楽しみに待っていて下さい。」

東出のコメント

1 2