1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

広島では死亡者も‥福岡・大分の大雨特別警報が深刻過ぎる‥

梅雨前線に湿った空気が流れ込んだ影響で九州北部や中国地方は5日、記録的な大雨に。気象庁は福岡、大分、島根各県に大雨特別警報を出した。朝倉市など両県では10人の安否がわかっていない。雨は7日まで続く見通しで、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫など九州豪雨の影響が深刻だ。

更新日: 2017年07月06日

karumaru0505さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3 お気に入り 60256 view
お気に入り追加

福岡県・大分県に大雨特別警報

活発な前線の影響で、九州北部を中心に猛烈な雨が降り続き、記録的な大雨となっています。

気象庁は、重大な災害の危険が差し迫っているとして、福岡県と大分県に大雨特別警報を出した。

土砂災害、浸水、河川の増水・氾濫などの危険が極めて大きくなっています。最大級の警戒が必要です。

《福岡県と大分県に大雨特別警報》 福岡県と大分県ではこれまでに降った大雨で甚大な災害の危険が迫っています。 ただちに命を守る行動をとってください。 福岡県と大分県には土砂災害警戒情報も出ています。 pic.twitter.com/zxuEb9oFA4

特別警報とは?

日本において、気象災害、水害、地盤災害、地震、噴火などの重大な災害が非常に起こる恐れが著しく大きい場合に、気象庁が警告のために発表

対象とする現象は、18,000人以上の死者・行方不明者を出した東日本大震災における大津波や、我が国の観測史上最高の潮位を記録し、5,000人以上の死者・行方不明者を出した「伊勢湾台風」の高潮

特別警報が発表された場合、お住まいの地域は数十年に一度の、これまでに経験したことのないような、重大な危険が差し迫った異常な状況にあります。

《福岡県に大雨特別警報》 福岡県ではこれまでに降った大雨で甚大な災害の危険が迫っています。 ただちに命を守る行動をとってください。 福岡県には土砂災害警戒情報と竜巻注意情報も出ています。 [大雨特別警報]福岡地方、京築、筑豊地方、… twitter.com/i/web/status/8…

島根県の大雨にも同様に特別警報が出されていた

島根県に大雨特別警報 気象庁 土砂災害警戒判定メッシュ情報より pic.twitter.com/8OEDneZ54l

島根県では「これまでに経験のないような大雨が降った」として大雨特別警報を発表し、土砂災害や河川の氾濫などに最大級の警戒を求めた。

台風3号は日本列島の東に遠ざかったが、梅雨前線が西日本から東日本に停滞。暖かく湿った空気が流れ込んでいる中国地方を中心に活動が活発になっている。

大雨特別警報が発表されたエリアでは、たとえ今は周囲で強い雨が降っていなくても、今後、大雨の降る領域が移動し、重大な災害が発生するような大雨になるおそれがあります。

猛烈な大雨の原因は「線状降水帯」

九州地方に5日、発達した積乱雲が帯状に集まる、いわゆる「線状降水帯」ができた。

気象庁によると、福岡県と大分県では梅雨前線に向かって吹き込む非常に湿った空気の影響で、「線状降水帯」と呼ばれる発達した帯状の雲が正午過ぎからかかり続けている

このエリアでは1時間に100ミリを超える猛烈な雨が降り続いており、数十年に一度の記録的豪雨となっています。

広島県では死亡者も

広島県で5日、観測史上最大の雨量を記録し、増水した川に流された男性が死亡した

広島市安佐北区の鈴張川で「人が流されている」と付近の住民から消防に通報があった。

安否不明者は10人超‥

九州豪雨で10人安否不明 福岡・大分に特別警報 河川氾濫、43万人避難指示 sankei.com/affairs/news/1… pic.twitter.com/AIcuPOOxDa

これまでに降った雨で、福岡県と大分県では、氾濫の危険性が非常に高い「氾濫危険水位」を超えている川があります。

1 2 3





ネットで話題になったことをまとめていきたいと思います。