1. まとめトップ

【キメラアント編】メルエムの最後はいつ見ても泣ける!【ハンターハンターネタバレ】

メルエムとコムギの出会い、最後をまとめました。メルエムは最初乱暴でしたが、コムギと出会い少しずつ変わっていきます。そして最後が泣けてきます。

更新日: 2018年04月13日

14 お気に入り 943781 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

キメラアント編は、メルエムの成長を描いた物語。それは切なくて悲しい物語だった。

baseraさん

キメラアントの女王はついに王を産む
生まれたばかりの王はとっても乱暴で、部下を平気で殺してしまった

そして護衛軍と共に巣から飛び出し、人間を虐殺する
ピトーはメルエムに助言するが、メルエムに殴られてしまう

そのあと、メルエムと護衛軍はある王国を乗っ取ってしまった

最初は残虐な性格だったが
あとで、コムギと出会い
心境が変化していく

しかしネテロやゴンは、キメラアントの討伐を決意!

その後、独裁国家東ゴルトー共和国に進出、マサドルデイーゴ総帥を殺害し国ごと乗っ取る。全国民500万人の人間に号令をかけ、暴力を用いた「選別」計画を実行し、念能力者の軍隊を得ようと目論む。
最終目的は地球上の全ての生物を「統一」し、キメラアントを更なる次元へと進化させること。

出典ピクシブ百科事典

メルエムはしばらくの間、将棋や囲碁の達人たちと対戦する

しかしどの達人も敗北してしまう

コムギと出会い、軍儀で勝負する

東ゴルトー在住の少女。軍儀(盤上競技)の棋士にして世界チャンピオン。
全盲で歩くときは杖をついている。適当に結んだボサボサの髪と常に垂らした鼻水で、一見パッとしない雰囲気をしている。

喋り方は舌足らずで東北弁風、一人称は「ワダす」。
普段はおっちょこちょいで言動がにぶいため、日常生活もままならない。

出典ピクシブ百科事典

この少女にだけは勝つ事が出来ず、その精神と才能に感銘を受け、自らの価値観に変化が生じ始め戸惑いを抱く。

コムギを用済みだと見て殺そうとする

しかしコムギは大きな鳥に襲われる

メルエムは大きな鳥を倒し、コムギを心配する

彼の中で優しさが芽生えていった

その後人間の中にも少数ながら価値を認めるに値する存在がいると認識し、己の力を暴力による抑圧ではなく、現在の不平等な社会を破壊し、弱者を庇護することで理不尽な格差の無い世界を創設するために使うことを決意する

出典ピクシブ百科事典

自分が何者なのかと疑問を持ち、王という生命の頂点に立つ事を退屈と断ずるのでした。王とは全ての生物を統べるもの。
絶対の存在。

生物の頂点に立つという使命。
そんなものに一体何の意味があるのか。
自分が何の為に生まれて来たのか。

出典ヤフーの知恵袋

プフの夢はメルエムを最強の王にすること
しかしコムギの登場で、メルエムの考えが変わっていく
プフは、コムギは邪魔な存在だと思い殺そうと決めた

流星群は王宮に降り注いだ

ネテロや討伐軍は王宮に乗り込む

コムギはゼノの技を喰らい、倒れてしまう

メルエムはコムギの治療をピトーに任せる

前と比べるとメルエムは良い人になってしまった

前より優しい表情になっており、後光が出ている

メルエムはピトーを信頼しているんだろう

会長のネテロはメルエムと激しい攻防戦を繰り広げる

千手観音のような奥義を繰り出すが、メルエムは耐え抜いた

そしてメルエムの攻撃により手足を失ってしまう

ネテロは王に名前を教えて、自爆する

若いころのネテロだったら王に勝てると思います。

王の死骸を見つけたユピーは絶叫する

肉体の一部を献上することで、メルエムは復活した

復活後はプフとユピーの能力を使うことができる

その後、プフが何かを隠していることに気づき

メルエムはゲームを行う

メルエム「勝ったら隠していることを洗いざらい話してもらうぞ」

ピトーはなんとかコムギの治療に成功する

ゴンは、カイトの蘇生を頼むが

断る…そしてゴンを殺そうとするが

ゴンはブチ切れて覚醒する

ピトーは王を守るためにゴンと戦うことになる

その事実をピトー自身から知らされたゴンは、もう二度と念能力を使えなくても構わないと自身に制約と誓約を設け、ピトーを倒せるレベル(年齢)まで強制的に成長させます。

ピトーはやられたが、ゴンを道連れにすることができた

ピトーを撃破した後、ゴンは反動で瀕死の状態になる

ピトーは最後まで王に忠実だった。メルエム良い部下をもったな

爆発の影響でコムギの存在を忘れてしまっていたメルエム。プフーの策略から思い出せずにいたその名前、「コムギ」。

ウェルフィンの一言で思い出した「秘密」の存在は、メルエムに光を与えてしまいました。

出典【涙腺崩壊】メルエムとコムギの出会いから最期までをまとめてみた

するとシャウアプフは感動のあまり昇天寸前。このクダリもなかなか笑えるが、そこまでしてメルエムに献身的に尽くしたにも関わらず、最後はコムギを選んだメルエム。

「愛のすれ違い」も哀れで、切ない。恋愛が成就しないイケメンって、マンガとしては王道。

出典すごないマンガがすごい!

ユピー、プフはバラの毒がまわり死亡する
この2人も最後まで王のために働いた

「何度でも言おう。おぬしたちの勝利だ。
 戦いは終わった。
 ここからはお主一人に語り掛ける。」

1 2