1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

北野映画からNHK連ドラ主演まで!原田泰造の俳優化が止まらない

お笑いトリオ「ネプチューン」のメンバーとして活躍する原田泰造。一方で俳優としても定評があり、大河ドラマ3回、朝ドラ1回などNHKにも重用されている。そんな原田がNHK連ドラ「全力失踪」に主演決定。映画「ミッドナイト・バス」の主演、北野監督「アウトレイジ 最終章」への出演も決まっている。

更新日: 2017年07月14日

aku1215さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
17 お気に入り 64396 view
お気に入り追加

◆お笑いトリオ「ネプチューン」のメンバー・原田泰造

1970年3月24日誕生。お笑いトリオ「ネプチューン」のボケ担当。ワタナベエンターテイメント所属。

1993年、名倉潤(なぐらじゅん)、堀内健(ほりうちけん)とともに、お笑いトリオ「ネプチューン」を結成。

自分を指して『は~ら~だ、たいぞうですっ!』の大声での自己紹介でお馴染み。

◆『ボキャブラ天国』でブレイク 現在も第一線で活躍

バラエティー番組「タモリのSuperボキャブラ天国」で頭角を現す。

98年から2003年にかけては、お笑い番組シリーズ「笑う犬の生活」「笑う犬の冒険」「笑う犬の発見」「笑う犬の情熱」「笑う犬の太陽」にトリオで出演。

主な出演作品に、フジテレビ『ネプリーグ』、日本テレビ『しゃべくり007』。

◆お笑い芸人と並行して俳優としても活動

『コントレール~罪と恋』(2016)

脚本:大石静
出演:石田ゆり子、井浦新、原田泰造、野際陽子

人気芸人として活動する一方で、演技の評価も高く2000年にドラマ『編集王』で単独初主演を飾る。

ドラマ・映画・舞台などソロでの活動も多数。2005年にはゴールデン・アロー賞 演劇新人賞を受賞するなど、役者としても高い評価を受けている。

近年の代表作にドラマ『コントレール~罪と恋』『営業部長 吉良奈津子』『沈まぬ太陽』、映画『四十九日のレシピ』『神様のカルテ2』などがある。

◆特にNHKには重用され、大河ドラマ出演3回 朝ドラも

しかしこの時代って 原田泰造さんの顔した人が梅太郎、近藤さん、大久保卿と 3人もいるのね〜(違う #NHK #花燃ゆ pic.twitter.com/ngsEIACsJ7

NHKの大河ドラマにも08年の『篤姫』、10年の『龍馬伝』、15年の『花燃ゆ』と3度出演。

原田泰造さんが、13年後期のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)の「ごちそうさん」に出演。原田さんが朝ドラに出演するのは初めてで、女優の杏さんが演じる主人公・卯野め以子の父・大五を演じる。

大人の女性として益々魅力的な石田ゆり子をはじめ、ミステリアスな魅力の井浦新、穏やかな包容力の原田泰造、ほっとする明るさの堀内敬子と野際陽子、悪女役初挑戦の桜庭ななみなど、選りすぐりの俳優陣が濃い人間ドラマを繰り広げる。

『コントレール~罪と恋』(2016、NHK)

◆その演技力には定評がある

原田泰造、映画「ボクの妻と結婚してください。」で織田裕二と共演 natalie.mu/owarai/news/16… pic.twitter.com/IEcgFgh3eX

『ボクの妻と結婚してください。』(2016)

大石氏は「なんでお笑いやっているのかわからないくらいの名優」と原田を絶讃。井浦にも「原田泰造さんの人間味あふれるお芝居が大好きなので共演できて光栄」と言われ。

『コントレール』(2016)試写会での発言。大石=大石静(脚本家)、井浦=井浦新(俳優)

20代から50代の男女100人に「演技がうまいと思うお笑い芸人」を聞いてみた。第3位(7%)は人気お笑いトリオ、ネプチューンの原田泰造(47)。

2017年

◆そんな原田が今度はNHK連ドラに単独初主演

原田泰造が、9月3日よりNHK・BSプレミアムで連続8回にわたり放送されるプレミアムドラマ「全力失踪」に主演することが発表されました。原田は同局のドラマに単独初主演となります。

人生のリセットを求め現実から逃避し完全失踪に挑む男と残された家族、追跡する闇金の取立人。日本各地を逃げ回る主人公が行く先々で繰り返す、人々との出会いと別れを描く。

契約社員の磯山武(原田)は、会社から無期契約を打診され、念願の正社員への道を絶たれてしまう。家では、妻の聖子(緒川たまき)に上から目線で指図され、小6の娘・ななみ(鈴木梨央)からは軽蔑される毎日。

1 2





記憶の中で生きてゆける