1. まとめトップ

薬剤師の転職のやり方ひたすらまとめてみた

薬剤師の転職のやり方ひたすらまとめてみた

更新日: 2017年07月09日

benntouさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 1083 view
お気に入り追加

薬剤師が良い薬局へ転職する際に重要な正しい転職方法の手順です。

本当に転職が必要なのかどうかをよく考える。

転職すると決めたらまずは求人情報を集める。

薬局を探す際の確認すべきポイントを参考に転職先の薬局を探す

転職先の薬局で良い所が見つかったらまずは、条件等をしっかり確認し、コンサルタントを入れて給与の交渉をしてもらう。

面接を受け採用内定をもらう。

今勤めている薬局に退職を申し出る。

現在の上司と相談して退職日を決める。
ここで陰湿な引き留め工作が行われるようだったらこちらも強気に出る必要がありますが、よほどのことが無い限りは常識の範囲内で退職日を合わせましょう

退職日まで一所懸命に働き、飛ぶ鳥跡を濁さずで退職。

新しい薬局へ入社。

最近は薬局の合併(M&A)が多く、転職して出ていったのはいいが数年後合併でまた同じ会社に逆戻りといった笑えない話が多くなってきています。

狭い業界ですから悪い印象を残して出ていくのは避けましょう。

薬剤師の派遣・紹介をしている会社に 相談

病院薬剤師への門戸は狭いですので つて があると良いかなぁと思います。


もし つてが ないようであれば
薬剤師の派遣・紹介をしている会社に 相談してみるのを お勧めします。

友人が ドラッグストアの薬剤師から 病院薬剤師へ 転職しました。

ですので 調剤薬局の薬剤師から 病院薬剤師への転職は 可能だと思いますよ。

再就職ということで、不安や悩みも多いかと思います。どんなことでもそうですが、病院薬剤師を目指すという想いがおありなのに、不安や悩みという見えない心配で就職活動などが滞ってしまうのが一番よくないパターンかと思います。そんな時はやはり薬剤師の就職や転職のプロの方にご相談された方がよいかと思います。

こういう質問には必ず転職サイトが紹介されますが、
カモにされるだけですよ。
ハローワークで探して直接交渉した方が給料が良いです。
転職紹介業者の仲介を受けると年収の1/3くらい手数料取られます。
薬剤師がこういう業者を利用することで、
薬剤師自らが業界の平均年収を下げ、業界全体として人件費を圧迫させますから、
薬剤師は業界に所属する者として、こういう業者を利用してはならないと思います。

こういう質問と回答を繰り返す業者が後を絶たないのは、
よっぽど儲かるからなんでしょうね。
以前より紹介手数料は安くなりまし、業者が乱立して競争が厳しいのかな。
自分さえ儲かればいい。
業界全体の利益など考えない、こういう業者は医療人としての資質に疑問が残ります。
そういう業者が求職者相手に真面目にコンサルティングして、
親身に相談などしてくれるわけが無いと思いますけどね。

どんなところを選ぶかよりも先に考えなければならないのは「なぜ転職したいのか」という理由と、そこからどうなりたいのかという展望です。

転職理由No.1は人間関係! でも、裏には違う問題が……

ただ気をつけないといけないのは、職場を変えれば人間関係の悩みから逃れられるかというと、実はそういうわけでもないんですよ。実際に当人を苦しめている本当の原因を突き止めなければ、また似たような場所に転職してしまう可能性があります。

大事なのは「問題の根本」に気づくことです。

「人間関係がうまくいかないな」と感じたら、まずは職場が忙しすぎないかということを疑ってみると良いと思います。
38時間シフト制で残業なしの店舗に転職することです。そういう職場は、だいたい良い雰囲気で仕事をまわしていたり、あと、薬剤師の離職率が業界平均よりもかなり低かったりすることが多いんですよ。

スキルアップを目指すときは、何のスキルを上げたいのかを明確にすることが一番重要です。薬剤の知識なのか、在宅なのか、服薬指導なのか? それによってベストな転職先は変わります。

、処方薬の知識が欲しい場合は、たくさんの種類の薬をあつかえる総合病院門前の薬局がおすすめです。皮膚科だけとか、眼科だけ、みたいな、いわゆる「単科」のところは避けたほうが良いですね。知識が偏ってしまいますから。

人間関係悪化の裏にある、本当の原因を突き止めよう
キャリアで悩んだら「どういう働き方が気持ちいいのか」を考えてみよう
それが自分にとっての本当の幸せなら、下らない転職理由だって大丈夫

「自力で求人情報を探して応募する」「人材紹介会社に登録して、条件に合う求人の紹介を受ける」など、様々な方法があります。人材紹介会社を利用するメリットはあるのですが、自分で探すことにもメリットはあります。たとえば、働きたい場所・勤務地がはっきりしている、友人・知人からの紹介を受けられる、という場合には、求人を出している薬局・病院と、直接のやり取りをするほうが、話が簡単にまとまるかもしれません。友人・知人の紹介があるならば、それを断ってまで人材紹介会社を利用するのは、失礼に当たる場合もありますので、注意しましょう。

一方で「転職はしたいけれど、薬剤師の求人情報を探しだせない」という人は、人材紹介会社を利用すると良いでしょう。人材紹介会社を利用するメリットは、たくさんの求人情報を、整理された状態で提供してもらうことができる、ということです。ホームページ上だけでも、様々な条件で求人情報を絞り込んで表示することができます。

効果的な自己PRとは?

採用先はどんな能力のある人材を求めているか?
自分は即戦力として働けるか?
自分が今まで培ってきたスキルや経験をどのようにその企業で活かせるか?

他の薬剤師との差別化ができないと採用を勝ち取れません。

自己PRとは、過去の職務内容や実績を具体的に説明し、薬剤師の心構えを伝え、アピールするためのものです。しかし、自分の書きたいことを書きたいように羅列するだけだったり、自慢話で終わっては意味がありません。

具体例を挙げて考えてみましょう

企業の求めるもの、自分の提供できるものがマッチングしないと採用にいたりません。
また、採用されたとしても、「思っているのと違った」と長続きしない原因になり、お互いが不利益を被ることになってしまいます。

企業はどのような人材を求めているかのか、十分に情報を収集することが大切です。

どんな現場でも、重要視されるのは「コミュニケーション能力」と「人間性」です。

コミュニケーション能力

対患者、対医師、または同僚と、対象は変わっても、相手の意図をくみ取り、自分の伝えたいことを的確な言葉でわかりやすく表現することが円滑な業務の推進に欠かせません。

人間性

問題や課題に対して、冷静に的確な対処ができる人なのか?
自ら考えて行動し、改善に持っていけるタイプの人なのか?
正直で誠実な、信用できる人なのか?

採用担当者は、自己PRからあなたの人間性を読み取ろうとしています。

1 2 3 4





benntouさん

まとめが200超えたし、naver卒業しませう

このまとめに参加する