1. まとめトップ

介護士の転職のやり方ひたすらまとめてみた!

介護士の転職のやり方ひたすらまとめてみた!

更新日: 2017年07月10日

3 お気に入り 3196 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

benntouさん

ケアマネの資格を取得されたらどうでしょうか?事業所によっては、高い賃金が可能なところも広がります。またソーシャルワーカーや責任者など、法人の中で上を目指していくのも一つだと思います。

私も現場で介護をしていた時は17万でしたが、ソーシャルワーカーの仕事についたら、お給料に関しては各段に上がりました。残業代もついてですが、月に30万くらいになりました。一つの意見です。

辞めてどこで働くの?意外に少ないよ

介護職の経験を活かして他の仕事に就きたいと思われる方も多いと思いますが、未経験の場合は就職口も限られてきます。

仕事がある程度見つかりやすい職種としては接客、販売、営業職くらいじゃないでしょうか?

パートなどで働こうと思っているのならそれほど問題ではありませんが、正社員として働きたい場合は他の職種へ転職できたとしても続けていくのは難しいです。

例えば、飲食やアパレルなどの接客業は若い内は良いでしょうが、特にアパレル業界なんてけっこう上の年代の方って少ないように、定年まで続けていくのは難しい場合が多いです。

介護職が他の業界と決定的に異なる点

介護の場合は従業員に会社の利益を求められるようなことってほとんどありませんが、他の職種の場合は、多くの会社が利益を出すことを求められます。

これができなければ、企業によってはクビを切られ、リストラされることもあるくらいです。

介護職が厳しい、辛いと思っていても、実は他の職種もかなり厳しいんです。

正直言って、楽な仕事なんて無いと思ってください。

介護職の方が他業種へ転職されるのは、未経験では正直厳しいです。

他の業種に転職するより同業他社で仕事を探したほうが賢明

今の職場に不満があるなら、経験したことのない他業種へ転職するんじゃなく、給料が高く、仕事内容が今よりもきつくなさそうといった、今の職場より条件が良い職場に転職した方が、他業種に転職するよりも有利に転職活動を進めることができます。

「薄給だ!」「きつい!」「激務!」と、施設の不満を漏らし、介護職から転職を考えるくらいなら、まずは今よりも条件良く採用してもらえる、他の事業所を探す方が賢明なんじゃないでしょうか。

介護転職に失敗しないためにこれだけはやっておく

頭の中を整理して「やりたいこと」「やりたくないこと」「やってみたいこと」を明確にする

何がしたいのか?は、「やりたいこと」「やりたくないこと」「やってみたいこと」の3点に焦点を当てると、自分が本当にやりたいことが明確になってきます。

とりあえず漠然と転職活動を行うでも、行動と同時に頭の中を整理していけば問題ありませんが、転職活動というのは、急いでやるものではないので、「まずは方向性を固めてから」でも遅くはありません。

目先のお金(給与、ボーナス、時給)だけにフォーカスせず、「やりがい」など、長期的なキャリア形成を意識

介護の場合は全職業の平均給与の水準から見ても低く、「給料が少ないから辞めたい」という不満の声が多数あがっているのは事実ですが、転職の目的は、お金以外の「+α」の目標も持つべきです。

これは、「介護から→介護」「介護から→異業種への転職」でも同じことが言えます。

もちろん生活する上で、最低限のお金が必要なのは当たり前ですが、仕事というのは1日の3分の1以上もの時間を費やしているので、やりがいが持てたり、働きやすい職場だったり、常に挑戦し続けれる仕事など、目先のお金、人間関係の解消などだけに左右されず、長期的な視点で考えて行動するべきです。

施設見学は必ずする

就職先・転職先を決定する前には、必ず施設の職場見学をさせてもらうようにしましょう。

「これからどんなところで働くことになるのか?」

事前に自分の目で見て確認してから転職先を決めた方が安全です。

視覚で伝わる情報ってすごく多いので、「最終判断は必ず施設見学をしてからが鉄則」です。

介護求人サイトは必要か?→【結論】使った方がいい

求人情報の閲覧・紹介だけでなく、職場の内情を聞けたり、施設見学、給与交渉など、転職に失敗しないために、介護転職のプロがあなたの転職活動をサポートしてくれるので、条件の良い職場や、自分に合う介護施設に転職したいと考えているなら、使った方が良いです。

私は「口では変わりたいと言うけど、何も変われない、変わろうとしない」そんな人を沢山見てきましたが、結論としては、やはり自分自身で変わりたいと心から思っている人しか行動できないのでしょう。

ですが、今の現状を変えたいと本心で思っているなら、何かしら一歩前に進むための行動が必要なんじゃないでしょうか。

求人サイトは「とりあえず沢山登録すればOK」は合ってるようで間違い

介護の場合は、派遣でのお仕事を探しているのに、その求人サイトには「人材派遣の仕事はほとんど掲載されてなかった」というケースもありますし、「自分の住んでいる地域の求人はほぼ掲載されてなかった」なんて事もあるのです。

つまり、闇雲に登録するよりも、目的に合った求人サイト「3つ」程度に絞って登録することがポイントになります。

「介護職への転職って実際はどうなの?」

まず、あたり前ですが、

転職は真剣に考えてから!ってことです。





あまり考えず、調査もしない!



そんな、焦りがあるような転職では、必ず転職に失敗をしてしまいます!

みんなが考える主な転職理由

1 2