1. まとめトップ

【コピー機】2017年の定番オフィス複合機【6大メーカー一覧】

2017年現在、定番となっているオフィス複合機の定番6大メーカーを備忘録としてまとめました。ご参考までに。

更新日: 2017年07月11日

wataru15さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 110 view
お気に入り追加

会社や官公庁の必需品である「複合機」。複合機のこと考える機会はありますか?毎日毎日こき使われて・・・これを機に、お使いの複合機のメーカーくらいは確認してあげてください!複合機のことを少しだけでも知るだけで、愛が芽生えるかもしれません!

文字印刷重視ならレーザー複合機

文書の印刷に重点を置く場合、圧倒的にレーザー複合機の方が優れています。湿気に対する耐久性があるので、長期間の文書の保存にも適しています。一番上に移動上に移動下に移動一番下に移動移動

高価だが高品質「富士ゼロックス」

富士ゼロックスの複合機は世界的なお客様満足度調査機関で7年連続No.1受賞

リースも保守もグループ会社で完結「リコー」

なんといっても官公庁へ導入しているだけあり、安定したサポート体制は評価が高い。また技術力も高く、機能・画質ともに申し分無い。

スタンダードな「キヤノン」

キヤノンのコピー機・複合機は、画質や機能面もさることながら、早いスピードと省スペースにこだわっているのが特徴じゃ。特に立ち上がりの速度(ウォームアップタイム)は年々早く改良されており、とにかく印刷待ちによるストレス時間を減らすことに重点を置いておる。

コスパ抜群「シャープ」

とにかく安い。リース料金から保守料金までとにかくリーズナブルで、コストパフォーマンスがもっとも高いメーカーと言える。他社メーカーと比較するとその安さがよく分かる。

優れたデザイン性「コニカミノルタ」

コニカミノルタの複合機7機種が世界最高峰の「reddotデザイン賞2014」を受賞

コスト重視ならインクジェット複合機

家庭用プリンターといえばインクジェットですが、オフィス用のインクジェットは家庭用よりもはるかに画質がよく、最近のものはレーザーと遜色のないくらいきれいに文字を印字できるようになってきました。しかし、レーザーと比較してしまうと、文字がくっきりしないので、レーザー複合機で印刷した文書に慣れている人からすると、「ちょっと複合機の調子が悪いのかな」と感じるかもしれません。

覇権を狙う「エプソン」

すでに多くのオフィスがエプソンのスマートチャージで、大幅なコスト削減を実現しています。プリントやコピーの使用状況に合わせて、最適なサービスプランや機器を選べば、ビジネスを効率化でき課題であるコスト削減も無理なく実現可能です。

1





wataru15さん

こんにちは!主に北海道の情報をまとめています!