1. まとめトップ

シューズの履き心地を格段に変えるインソールで「お蔵入り」の靴を「お気に入り」に

気に入っているのに履いていない靴に共通することは、大抵が履いていて辛い“歩きにくい靴”。歩きやすい靴に自らの力で変えてしまえば、歩きにくい靴だって毎日履きたい靴になってくれるのです。

更新日: 2017年07月29日

q6600esさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
7 お気に入り 1671 view
お気に入り追加

「お気に入り」で買ったつもりなのに「お蔵入り」してる靴ありませんか?

気に入っているのに履いていない靴に共通することは、大抵が履いていて辛い“歩きにくい靴”。

「せっかく買ったんだし」「もったいないから」と毎回苦痛を我慢しては足のあちこちにトラブルを生み、そのたびにその靴に見切りをつけてばかりでは、新たに靴を探し求めても“痛くて辛い歩きにくい靴”をいつまでも買い続けてしまうことになります。

また履いて辛い靴をずっとそのまま我慢して履いていると
「足底筋膜炎 」になり最悪の場合手術になってしまいます
営業職などで長時間歩くことの多い人のなかには、足の痛みに困っている人も少なくありません。足の痛みの大半は、「アーチ」の崩れから起こっています。

ここで一度発想の転換を

歩きやすい靴に自らの力で変えてしまえば、
歩きにくい靴だって毎日履きたい靴になってくれるのです。

インソールはいわゆる「中敷き」。足の汗を吸い取ったり、足裏を刺激して疲れをたまりにくくすることが本来の効果。

インソールは、材質も形状もいろんなものが売っていてどれがいいのか皆さん迷いがち

ヒールが高い靴を履くと、指の付け根辺に靴擦れが起きることがあります。

脚の前方に体重や負担が掛かっていたり、靴底が薄く外からの衝撃を激しく受けていたりしていることがその要因です。

このような場合は、衝撃を和らげて負担を軽くするためにはインソールを入れることが効果的で、そうすることにより、脚が靴の中でずれることを防げます。

前に滑らないように、滑り防止機能が付いているインソールを選ぶと更にしっかり足を固定できるようになります。

つま先部と、かかと部のソルボパッドをワイドタイプに変更することで、衝撃吸収性を高めました。(約13%UP) ・横アーチが追加され、前足部のグリップ力がアップし踏み込みが強くなりました。 ・かかとのフォールド性アップにより、安定性が向上しました。 ・つま先部分の形状を修正することで、カーブラストなど多様な形状のシューズに対応します。

安さで判断すると、何もいいことはありません。だからといって高いからいいというわけでもありません。

クッションインソールの定番商品「アスリート」、IMPLUS(インプラス)衝撃吸収素材を搭載した軽量で疲れにくい機能構造
新改良IMPLUS(インプラス)衝撃吸収素材が、優れたクッション性を発揮
表面をHydrologix(ハイドロジックス)加工することで、優れた湿度調整と抗菌機能を発揮
ヒール部のジェルがかかとの着地をサポート
前足部のジェルが足底筋膜をサポート

「バイオメカニクス」は、歩行時の痛みの原因の一つは靴を履いて固い地面を歩くために起こる足首のねじれにあるとして、7割以上の現代人が抱えていると言われるこの足首のねじれにとことん真正面から向き合って作られています。
「バイオメカニクス」の魅力は何と言っても機能性の高さ!医療用矯正装具をベースにして開発されたという点も、その機能性が信頼できる点のひとつです。

ヘルニアや深刻な腰痛などに悩まされているという愛用者が多く、いろいろなインソールを使用してみたが最終的にここに落ち着いたというパターンが目立ちます

足・膝・腰の代表的なトラブルに対応したタイプをご用意しています。 靴の中の衛生のため、表面素材は抗菌・防臭処理済です。
モートン病とは モートン病とは、幅の狭い靴を履いたときなどに、足指のつけ根の関節の第3趾と第4趾(中指と薬指)の間に神経が挟まれて、痛みを生じる神経障害の一種です。
医療現場の技術で、足を的確にサポート インソールプロ「モートン病対策」は、痛みの発生する部分を「横アーチパッド」でサポートします。
同時に3つのアーチパッドで足の基本骨格を守ります。

「機能的インソール」とは、衝撃吸収や消臭効果だけの平らなインソールではなく、足のアーチをサポートする立体形状インソール

カーボンがあることで、今の商品がもっと良くなる・・・“カーボンで、もっとすごくなる"
アーチハンモックインソールの中に、バネとなるカーボン板(カーボン製アーチスプリング)を挿入!

従来品と比較すると、、、
【カーボンの特長を発揮する設計】
・着地時に受ける衝撃を、より、バネが変形し(たわんで)緩和
・変形したエネルギーを、蹴りだす際の反発エネルギーに
・バネの支える力や反発性の低下が、長時間履いても少ない(へたりにくい)

足・膝・腰の代表的なトラブルに対応したタイプをご用意しています。 靴の中の衛生のため、表面素材は抗菌・防臭処理済です。
医療現場の技術で、足を的確にサポート インソールプロ「モートン病対策」は、痛みの発生する部分を「横アーチパッド」でサポートします。同時に3つのアーチパッドで足の基本骨格を守ります。

それに加え、スポーツで用いられるものは厚さをミリ単位で調節したり、ベストなクッション性を見極めたり。ケガ防止や、走りやすさに特化したものが作られる

靴のサイズやデザイン上大きなインソールが使えない場合は部分的に入れて見るのも有り

足の痛みの大半は、「アーチ」の崩れから起こっています。

 足の裏の“土踏まず”。このへこみを作っているのが、足の「アーチ」と呼ばれる構造です。足には片方だけで26もの骨があります。小さな骨が筋肉や腱(けん)、靱帯(じんたい)などでつなぎ合わされることで、緩やかな弧を描いているのです。

ブーツスタイルをアップさせるフィット&アップ構造。低反発クッションがカカトをやさしく包み込むようにフィットさせます。厚さ2.5cm(使用時約2cm)のラテックスがカカトを無理なく持ち上げます。ひざ位置を上げることにより、ブーツを履いたときにバランスのとれたスタイリングが得られます。4cm以内のヒールのブーツにご使用下さい。

ジェル状のアイテムはとても種類が豊富で、例えばかかと部分に付けるものなど、他にも様々な箇所に対応したものがあります。

X脚とO脚は、身体全体の支え方が骨格から狂ってしまうことで起こります。となると、当然脚への負担も大きくなり、疲れや痛みを感じやすくなります。しかし、程よい弾力性を持つ当製品が、この問題もたちまち解決します。あなたの踵にかかる衝撃や圧力を分散するので、負担を軽減できるのです。なので激しい運動はもちろん、立ち仕事や外回り、通勤・通学、プライベートにまで、シーンを選ばず幅広くお使い頂けます

夏は、気温の上昇とともに汗によって靴の中で足が前スベリしやすくなるので、歩きにくさを感じたり、靴ずれを起こしやすくなります。

『ミュールバンド』は、ミュールやサンダル、履き口が広くてかかとが浮きやすいパンプスでの歩行をサポートする透明ストラップ

これ1つでは痛みや疲れ、靴擦れなどの解決力に乏しいですが、ジェル状ハーフインソールと併用するとかなり効果的。

ストラップなしのパンプスを履くときなどに、疲労感を緩和して靴擦れを起こしにくくする効果が期待できる

工場などで靴が指定されていて勝手にインソールが使えない人には足首サポーターで

「スーパープロ アンクルラップ 20157」は、伸縮性ストラップでダブルにサポートする、足首用スポーツ用サポーターです。調節自在な固定力で、使いやすさ抜群。足首障害の予防や再発防止にお役立て下さい。

スポーツや日常生活シーンにおいてやさしい装着感で快適に生活をサポート。
伸縮性が抜群で肌触りが爽やか、装着時のフィット感が心地良く、長時間の使用でも快適に過ごせます。
本体素材/ポリエステル ポリウレタン
適応サイズM 足首周り/23~29cm 丈25cm
くるぶしと土踏まずを支えるようにサポートします。足首の複雑な動きに効果的にフィットし、足首の具合が悪い時や軽スポーツの際に最適です。

1 2





q6600esさん


楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。

このまとめに参加する