1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

佐藤オオキさんデザインによる「駅前巨大古墳」が大賑わい!

奈良・天理と言えば天理教と石上神宮、天理ラーメンしか思い浮かばなかったのに!こんな素敵すぎる日本らしいおしゃれな広場ができたなんて嬉しい!海外のデザイン雑誌や媒体からも注目されていて奈良の魅力がもっと伝わるといいな。

更新日: 2017年07月08日

FUTABAAOIさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
27 お気に入り 20395 view
お気に入り追加

子供で大賑わいのJR・近鉄天理駅の駅前広場「コフフン」

天理市内に1600基もあるという「古墳」をイメージした、白いすり鉢形の構造物とした、かなりユニークな施設

市はにぎわい創出や市民の憩いの場を目指し、総事業費約14億3200万円を投じて、昨年4月に着工

英語で「共に」「楽しむ」「喜ぶ」意味を合せCo-fu-fun(コフフン)

「古墳」をモチーフにした野外ステージ、カフェ、子どもも大人も楽しめる遊具などが集まった、みんなで楽しめるスペース

天理駅におるけど、なんかめっちゃ都会やし、面白そうな古墳の形してるやつある!! テンションあがるー

奈良の象徴「古墳」をアイコンにしたデザイナー佐藤オオキさん

天理市の「歴史」「地理」「文化」という3つの要素を凝縮したデザインにしたい。まちの魅力のひとつである「古墳」の響きや市民が「ふふん♪」と自慢げに思う語感。

みんなが集まれる場所

古墳を想起する野外ステージや大型遊具。
イベントの開催や観光・ものづくり、農業情報の発信、近隣住民の憩いの場として活用。

以前の駅前には人が憩う場がなく、少々寂しい場所だったそうですが、コフフンオープン後は、駅前に子どもからお年寄りまでが集い、とてもにぎわっています。

1 2





FUTABAAOIさん

ええもん、ええとこ、かわいいもん、おいしいもん、わくわくするもん、とくするもん、ジャンルとわず、いろいろあっぷしていきたいとおもいます。