1. まとめトップ

Twitter発。『辛辣、強烈な台詞』が心にグサッときた話

「言葉って武器なんですね…」ってなる話を紹介します。。

更新日: 2017年07月12日

justastarterさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
171 お気に入り 374442 view
お気に入り追加

◆『クラブのママの台詞』

『肉食系よりも草食系男子の方が好きって女子が多いけど、だからって草食系を装ったところで全くモテないんですよね』って人生経験豊富なクラブのママに愚痴ったら、『女子は羊みたいな可愛い草食系が好きなだけで、イモムシみたいな草食系はお呼びじゃないのよ』って虫けら扱いされ、息ができないよ。

『「モテそうなのに〜」とか「彼女たくさんいそう」って褒めてくれる女子に限って、こっちがその気になってホテルに誘ったら全力で拒否してくるんですよね。社交辞令もほどほどにして欲しいですよ』って経験豊富なクラブのママに愚痴ったら、『皮肉って知ってる?』って呆れられ、息ができないよ。

◆『親父の台詞』

5歳ぐらいの頃、バイクにぶつかったことがあって、幸いかすり傷だったものの、ショックで「ボク死んじゃうの!?」って泣き叫んでたら、一緒にいた親父が「わかんね!救急車に任せるわ〜!」って無責任極まる発言したのを覚えてたせいか、親父とはずっと不仲でしたね…。

◆『教師の台詞』

俺は高校生の頃に教師になりたいと思ってたんだけど、それを当時の担任に言ったら「教師になったら毎日お前みたいなやつの相手しないといけないけど、それでもなりたい?」と返されて諦めたんですよね。

◆『職場にて』

今まで一番強い言葉で怒られたのは「大丈夫?脳ある?」ってやつなんですけど、疲れ過ぎてて「確認して回答します」って答えてしまって余計に怒られて地獄だった

友人「職場のおっさんに「女が化粧するのは男からちやほやされるためなんだろ」って言われてさ」私「なんて答えた?」友人「『違います、部族が戦いに行くために化粧をするのと同じです。自分を強そうに見せる威嚇です』って答えた」私「おっさんなんて言ってた?」友人「『お、おう…』」お、おう…

本日は同僚と女の子のパンツ(下着)についてどんなのが好きかで熱く語り合っていたのですがその話しを聞いていたアルバイトの女の子から「おしっこやうんこが出る穴を隠す為の布でいい大人が盛り上がっていないでさっさと仕事しろや」と怒られ僕達の浪漫が音を立て崩れ去るなどがありました(退勤)

他社の男性が、うちの職場の女の子に『へぇ、髪の色変えたんだ。可愛いじゃん』と言ってて、女の子も笑顔で喜んでた。僕は、こういう事をサラッと言える人がモテるのかと感心してたんだけど、男性が帰った後『またキモ山に絡まれた』と本音を吐く女の子を見て、僕の人間不信は加速するばかり。

◆『カラオケにて』

会社の飲み会では上司を笑顔にさせることだけを心掛けている私なので、今日もいつものようにカラオケで心を殺して「ヒュー!カッコイー!」と知らない曲に合わせ盛り上げてたら、「アラサーがタンバリン叩く音ってなんか老化が加速しそうだからやめて」って言われたからトイレで泣きながら数独してる。

◆あんなこと言われてから…

おもちゃで遊んでたお客様の子供に「おねえちゃ〜ん!いっしょにあそぼ〜」って呼ばれたからお客様に「おばさんって呼ばれなくて嬉しかったですwwドゥフフwwww」と言ったら「この子、見た目けっこう年いってる女の人にもお姉ちゃんって言うんですよね〜〜」とさらっと言い返させてから体調が悪い

今日スキニーパンツを見ているお客様に「私、今この商品のLサイズ履いてるんですけどストレッチ素材で凄い履きやすいですよ!(満開笑顔)」って声かけたら「さwすwがにwwwLサイズは私には大wきwいwでwすwよwwwSサイズでもブカブカだと思いますwww」って鼻で笑われてから体調が悪い

◆『娘の台詞』

娘にシンデレラの絵本を読み聞かせてたら 「パパも死ぬの?」 と聞かれたので 「いつかはね、死ぬんだよ」 と答えると 「やだやだ~かなしいよ~」 と甘えてきて、可愛いのぅと思ったら小さな声で 「、、、はやくあたらしいパパ探さなきゃ」 と冷徹な決断を下されたので僕は絶対に死なない。

1 2 3





justastarterさん

世の中を温かい視点から眺めています。少しでも皆さんのお役に立つことができれば幸いです。