1. まとめトップ

アメトークで特集!高校野球応援歌ランキングに納得の声!

発表されたランキングに納得の声!!!あなたの好きな応援歌はありましたか??これからも高校野球から目が離せませんね!

更新日: 2018年07月16日

3 お気に入り 99524 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

アメトーークに高校野球大好き芸人が大好評!

そして番組内で発表された応援歌ランキング!

それでは見ていきましょう! まずは20世紀編から!

順番に動画を載せていきます。

1位 アフリカンシンフォニー

第69回大会で智弁和歌山が甲子園初出場の際に始めたのをきっかけに、もう甲子園応援歌の定番とも言える曲。
2008年には出場校の9割が演奏するほど、どの学校も使っている。その分各校のアレンジも多め。

2位 エル・クンバンチェロ

こちらも定番の曲。曲名はぱっと出てこないかもしれませんが、聴けば間違いなく聴いたことのある曲。

プエルトリコ出身のラファエル・ヘルナンデスが作曲したラテン音楽で、
「エル・クンバンチェロ(El Cumbanchero)」とは、「太鼓を叩いてお祭り騒ぎをする人々」
とある通り、チャンステーマとして使われることの多い曲。

3位 サウスポー/ピンクレディ

ピンクレディーの代表曲であり、高校野球応援ブラバンの定番曲。タイトルも左投手を意味するサウスポーであり、歌詞も「背番号1のすごい奴が相手」など野球を連想させる曲である。また、歌詞の中で「フラミンゴみたいひょいと一本足で」と王貞治を連想させる部分もあり、王貞治に感謝されたという名曲。なお、タイトルとなっているサウスポーはライオンズの永射保選手である。

4位 紅/X JAPAN

今の球児達が生まれる前にリリースされたにも関わらず、定番として演奏され続ける曲。

「紅」は、日本のロックバンド・X JAPANのメジャー1作目のシングル。メジャー・デビューアルバム『BLUE BLOOD』からのリカット。メロディーラインは各校あまり変わらないが、合間の応援でパターンが多数。

4位 ルパン三世のテーマ

こちらも定番のルパン3世のテーマ。

大きく分けて、良く聞くテーマの部分と応援を繰り返すパターンと、サビまで演奏してくれるパターンがあります。サビまで演奏しているパターンの方が、演奏を聴かせるカンジがしますね。

6位 SEE OFF/BRAHMAN

日本のロックバンド、BRAHMANの同名曲が元ネタ。主にサッカー(大分トリニータなど)の応援等でも使われる定番応援曲。曲名からは分からないかもしれないが、聞けば聞いたことある定番曲シリーズ。

耳に残るメロディがカッコイイ曲。こちらによれば、最初に使い出したのは茨城県立日立第一高校であり、甲子園で常総学院が使ったことで全国的に有名になった。応援の歌詞は以下のようなものがついている

6位 We Will Rock You /QUEEN

「We Are The Champions」と並ぶ、QUEENの代表曲。大阪桐蔭高校の中田選手、森選手など、今も球界を代表するスラッガーの印象が強く、何かが起こりそうな雰囲気を醸し出している。イントロ部分はMLBで選手がバッタボックスに入る際にも流れるなど、野球との相性は抜群である。

「We Are The Champions」の方がその気が、強いがサッカーの応援歌としても使われる。また、ウイイレにも使われている。このほかにも格闘技の入場曲に使われる等、各方面で使われている。

「Playin’ in the street gonna be a big man some day」と歌詞にあるように、道ばたで野球を始めた少年が、いつの日かビッグなプレイヤーになる、そんな想いも籠った曲。(都合の良い解釈)
実際のところ、中田翔選手や森選手はプロ野球で活躍し、ビッグプレイヤーとなっている。

8位 サンバ・デ・ジャネイロ

1 2 3