1. まとめトップ

ヒアリなんて目じゃない?日本在来の虫たちが強すぎるw

日本各地で発見報告が相次いでおり、日本中を震撼させている南米原産の猛毒アリ「ヒアリ」。そんなヒアリさえも量がする、日本在来の最強の虫たちをまとめてみました。

更新日: 2017年07月10日

1 お気に入り 10163 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ppp_comさん

■日本各地で「ヒアリ」の発見報告が相次いでいる

2017年5月26日、兵庫県尼崎市において国内で初めて、ヒアリの侵入が確認されました

以降、神戸港や名古屋港、それに大阪港で相次いで確認されました

■強い毒性を持っているヒアリ

ヒアリが発見されたっていうニュースがいま話題で、「たかがアリでしょ」と思っている人もいるかもしれないけどなかなか危険なアリだから気をつけた方がいいね 別名「殺人アリ」と呼ばれてる pic.twitter.com/ehL8sWzxos

刺されると、有毒物質のアルカロイドの作用で激しい痛みやかゆみ、発熱などを引き起こす

人によっては中度のじんましん症状が出たり、重度になると急性のアレルギー症状が起きたりして、最悪の場合、死に至ることがある

■日本中がこの「殺人アリ」の侵略に戦々恐々としている

攻撃的で他のアリを押しのけて繁殖したり、集団で小型の哺乳類や鳥を攻撃し食べる性質があるとされています

ヒアリは繁殖力が強く、女王アリは1日に2000~3000個の卵を産むことで知られている

国際貿易の拡大にともない人間の船に乗って生息域を広げてきたらしく、すでに中国などアジア諸国で見つかるようになっている

■でも、実は「日本在来のアリ」の方が強いという噂も

ヒアリの天敵は日本の蟻だそうです。縄張り意識が強い蟻は、他種の蟻が縄張りに入ってきたら殺しにかかるそうです。 ドラッグストアで、蟻駆除剤が売れてるみたいですが、今、過剰に日本の蟻を駆除しないようにとの事です。日本の蟻が倒してくれるそうなので。 #ヒアリ

ヒアリってヤバイらしいね。と虫好きな友人に聞いたら 「確かにヤバイけど日本のアリはどれも吉田沙保里並みに強いんだぞ」と返されてなんか安心してしまった僕です。

ヒアリという刺されたらとてつもなく激痛が走り死亡するケースもある蟻が日本に乗り込んできたのを唯一日本の蟻が戦ってくれる というツイートをみて、今まで小学生の頃に蟻の行列を見たら道を塞いだり踏んでしまった事を全力で謝りたいって思いました、頑張ってくれ日本の蟻。

■日本在来の強いアリたちがヒアリパニックを救う?

サムライアリ

日本原産のサムライアリには他のアリを拉致して奴隷にする習性がある ヒアリはサムライの奴隷になる運命 pic.twitter.com/4VBfPkv9OX

サムライアリはクロヤマアリなどの巣を攻撃して働きアリやその蛹を攫い、奴隷として働かせることが知られる

サムライアリの働きアリは1500匹ほどで定期的に奴隷狩りに出かけ,ヤマアリの蛹(さなぎ)を略奪する

サムライアリの働きアリは奴隷狩り以外の労働はほとんどせず,エサ探しや育児は奴隷とされたクロヤマアリが担うことになる

クロオオアリ

ヒアリより、毒は持ってないけど日本のクロオオアリの方が体格が2、3倍でかいしヒアリに負けないと思う。だからアリに神経質になりすぎて在来の無害なアリを殺さないで欲しい。 pic.twitter.com/Vs5kYOdJzu

名前の通りサイズが大きい事も特徴のひとつで日本国内においては最も大きいアリだとされています

働きアリは草木の上や地表で出会ったガの幼虫などの小昆虫を、大顎や蟻酸を含む毒液で殺して巣に持ち帰るほか、巣の周囲の行動圏内に落ちている昆虫の死骸なども巣穴に運びこむ

1 2