1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「背景に官邸の動きがあった」…“加計問題”を語った前川喜平氏に色々な声

学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画を巡り、官邸側の関与を告発した文部科学省前事務次官前川喜平氏。参考人として呼ばれている前川・前文部科学事務次官は「背景に官邸の動きがあった」と指摘しました。

更新日: 2017年07月10日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
7 お気に入り 46046 view
お気に入り追加

○官邸側の関与を告発した文部科学省前事務次官前川喜平氏

学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画を巡り、官邸側の関与を告発した文部科学省前事務次官前川喜平氏。

参考人として呼ばれている前川・前文部科学事務次官は「背景に官邸の動きがあった」と指摘しました。

衆議院で、前川前文部科学事務次官を参考人として招致して、閉会中審査が行われ、政府・与党への追及が続いている。

○「背景に官邸の動き」加計問題で閉会中審査

政府側は菅義偉(よしひで)官房長官や萩生田光一官房副長官、山本幸三地方創生担当相、松野博一文科相らが答弁に立った。

前川氏と向き合うことになった菅義偉官房長官、萩生田光一官房副長官らは厳しい表情で入室、国会は緊張感に包まれた。

参考人の前川喜平前文部科学次官は「内閣府が仕事を進めるにあたって背景に官邸の動きがあったと思う」と語った。

○総理官邸の関与が働いたという考えを改めて強調

前川氏は、総理官邸の関与が働いたという考えを改めて強調しました。

文書「10/7萩生田副長官ご発言概要」について「事務次官在職中に、担当課からの説明を受けた際に受け取り、目にした文書に間違いない」と述べた。

「初めから加計学園に決まるようプロセスを進めてきたようにみえる」と語った。

○「総理のご意向」文書などに「なかったことにはできない」と言い切った

前川氏が初めて公の場で証言したのは、5月に弁護士会館で開いた記者会見。

緊張した面持ちで「総理のご意向」文書などに「なかったことにはできない」と言い切った。

一方で政府側は国家戦略特区の枠組みで加計学園のみ獣医学部新設が認められた経緯は、適正だったと強調した。

○萩生田氏は、前川氏の主張に反論

萩生田氏は、実際に昨年10月7日に、自身の事務所で文科省の幹部と面会したことは認めたが、「私から指示したことはない」「発言した記憶はない」と、前川氏の主張に反論した。

萩生田氏は「(昨年)10月7日夕刻に(文科省の)局長と会ったのは事実だ。特区のことを説明された記憶はある」と答弁

文書の信憑(しんぴょう)性に関しては「このような項目について、つまびらかに発言した記憶はない」と説明した。

○このニュースはネットでも話題になっています

前川さんの参考人招致に安倍総理は不在で、籠池さんの参考人招致に松井知事は不在って… ここから色々わかる。

前川さんのは、「嘘は言っていない。ただし、本当のことを言っているとは限らない」って感じだよ

前川さんの参考人招致❗ 政権側の隠したりするの見え見え。 すごいやだ。 「記憶にございません」 テストなら0点だよね❗

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。