1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

なぜかはまってしまう…「クズ」たちが活躍する漫画が面白い‼

ドラマ化も話題の「僕たちがやりました」の登場人物たちのクズぶりが話題に…でもなぜかはまる不思議!他にも「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い」,「俺を好きなのはお前だけかよ」,「天に向かってつば九郎」…魅力的な「クズ」たちの活躍を見逃すな…中毒性が高い人気漫画をまとめてみました!

更新日: 2017年07月11日

critical_phyさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
60 お気に入り 106476 view
お気に入り追加

ドラマ化も話題に!「僕たちがやりました」が熱い!!

“そこそこ”でよかったはずの日常が大激変!クズだけど必死に生きる若者たちの、青春逃亡サスペンス!!窪田正孝さん、カンテレ・フジテレビ系ゴールデン連ドラ初主演で実写化困難といわれた衝撃作に挑む!

軽い気持ちでやったイタズラが想像以上に大きな問題になる話。主人公は最近の若者っぽく心の内ではいろいろ考えながらも、面倒を起こさないように生活しているのがリアリティがある。

主な登場人物が典型的な『クズ人間』でして、その中でも主人公の心理描写が巧みというか、これまでの人生において、よほど明確な意志を持って生きてきたという人以外は「なんとなく共感できる」という部分が多いんじゃないかと思うんですよね。

傷抉られる…でもなぜかはまる!「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い」が面白すぎ!!

高校に行けば自然とモテると思っていた女の子…。しかし、無残な現実が襲いかかって来る! この状況をどう打破するか? 女子高生の苦悩が始まる!谷川ニコが描く、ちょっと切ない日常ライフコメディー!!

海外の掲示板である4chanでブレイクし、日本語圏のネットにその人気が逆輸入する形で口コミを重ね評判となった。やがて一般層にも「共感できる」「面白いけど切ない」などの反響を呼び、2015年1月時点でコミックス累計200万部を突破するベストセラーとなる。

ガンガンONLINEにて2011年8月4日から毎月第1・3木曜日更新で連載中。2013年7月からテレビアニメがテレビ東京、テレビ大阪、テレビ愛知、アニメシアターX、1ヶ月遅れで熊本放送にて放送された。

その最大の魅力は、「喪女」(社交性に乏しく、恋愛経験がない女性)の智子が見せる、思わず共感してしまうありがちなイタイ体験にある。

主人公のゲスい思考、モテるために行う行動が色々とぶっ飛んでおり、空回りや自意識過剰による痛々しい勘違いで勝手に自滅を繰り返す様と、そんな彼女を取り巻く周囲の世界の優しさと切なさを面白おかしく描いているのが本作の肝である。

よくこんなダサくて恥ずかしい、でも本当にリアルな話を書いてくれたと嬉かったです。それでいて全く暗くならず笑える作品になっていて、単純にギャグマンガとしてもレベルが高い作品だと思いました。

ありがちなハーレム物…じゃない!!「俺を好きなのはお前だけかよ」も中毒性高し!

もし、気になる子からデートに誘われたらどうする? しかもお相手は一人じゃない。クール系美人・コスモス先輩と可愛い系幼馴染み・ひまわりという二大美少女!! 意気揚々と待ち合わせ場所に向かうよね。そして告げられた『想い』とは! ……親友との『恋愛相談』。

屑だけど人が良い主人公「ジョーロ」は二人を応援しつつ、どっちかが親友に振られたら付き合えるかな?って下心を持ちつつ色々とサポートするんですが・・・。

『鈍感系無害キャラ』という偽りの姿から、つい本来の俺に戻ったね。でもここで俺は腐ったりなんかしない。なぜなら、恋愛相談に真摯に向き合い二人の信頼を勝ち取れば、俺のことを好きになってくれるかもしれないからな!

下心満載な主人公w

『俺好き』のどこが新感覚かというと、今までの王道ラブコメにありがちな設定や展開の裏をかくギミックが満載なんですよ。

偽悪的だけど一番人のことを思いやれる主人公「ジョーロ」に感情移入できるかどうかで、この作品の評価は別れると思います。設定は重いのに、なんだかんだでコメディー調に持っていける作者の表現力と「パンジー」のキャラクターに脱帽です!

「みんなが読みたいラブコメはこれでしょ?」と言わんばかりの前半から、クライマックスまで王道を裏切る展開の連続で、息つく暇なく一気に読みました。良作です。

原作のライトノベルにはこんな感想も!

ジャンプアプリで読める俺を好きなのはお前だけかよ、男女ともに真面目系クズてか性格の悪さ全開であれ?これ凄い好き。みんな不幸になれば楽しい

まさかの漫画化でも相変わらずのクズぶり…「天に向かってつば九郎」を見逃すな!

東京ヤクルトスワローズのマスコット「つば九郎」が漫画になった!? つば九郎は球団を愛する畜生ペンギンもとい自由奔放なツバメですが、そんな彼の酒と競馬に彩られた腹黒な日常に大フォーカス! 読めばみんな「えみふる(=笑みFULL)」!

つば九郎といえば、破壊力のある毒舌が人気の異色キャラクター。他球団のマスコットを蹴ったりセクハラしたりと、グラウンドでの行動も自由すぎ。一部のプロ野球ファンからは「畜生ペンギン(畜ペン)」の愛称で恐れられ親しまれています。

“畜生ペンギン”は漫画になっても腹黒さ全開。真昼間から「るーびー」を注文して焼き鳥をむさぼったあげく、ヤクルト球団の新マスコット・トルクーヤにツケを押し付ける始末。

1 2





個人的な趣味嗜好ばかりまとめてます。みなさまのお役に立てれば嬉しいです。
アニメ,漫画,声優…時々芸能や料理をまとめてます!!