1. まとめトップ

ヒアリが新潟、愛知にも出没‥関連する映画や在来種のアリの説が話題

日本各地に出没し始めた「ヒアリ」新潟、愛知なども発見され話題に…現状や生体、○○説など現状わかっていることをまとめました。

更新日: 2017年07月11日

0 お気に入り 1040 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

強い毒を持つヒアリの発見が相次ぐ新潟 長岡市に愛知・春日井市

強い毒を持つ外来種の「ヒアリ」が見つかりました。港から離れた内陸部で「ヒアリ」が見つかるのは初めてです。

コンテナ内の荷物に、アリ1匹が付着しているのを見つけ、愛知県に通報。10日、強い毒を持つヒアリと確認されました。

強い毒を持つ南米原産のヒアリの疑いのあるアリが長岡市で見つかったと発表しました。

県によると、同市滝の下町の事業所内で、フィリピンから届いた段ボールにアリがいるのが見つかり、駆除したという。

新潟県によるとアリに刺された人はいない。長岡市が検体を採取し、環境省関東地方環境事務所に鑑定を依頼した。

ヒアリに関する目撃は、これまでに6例確認

ヒアリは5月下旬から、兵庫や大阪、東京で見つかり、国内で発見されたのは、今回で6カ所目。

今回のケースについても環境省が専門家による鑑定を行うことにしていて、ヒアリと確認されれば7例目となります。

アリの生態にくわしい専門家や港湾関係者からは…

内陸に運ばれたところで見つかったっていうことなので、1つ(関門を)突破されちゃった感じですかね。

東京農工大学・佐藤俊幸准教授

「そら、虫の侵入を水際で防ぐのは無理やって(苦笑)。冷蔵・冷凍貨物用のリーファーコンテナならともかく、ドライコンテナは換気口が開いてるから、小型の虫なら出入り自由。

「水際では防げない」と断言する港湾関係者

このヒアリに関するニュースはネットでも話題に

ヒアリの上陸・そして定着したさいの影響ははかりしれない その経済的損失は年間数百億円にもおよぶとの試算もある まったく迷惑な話だ これが「アリ型迷惑」である

ヒアリの問題、研究者が正確さを重視して難しい言葉で説明するよりも、短く簡単に、かつ誤解を生まないように説明する方が大切だ。大枠を外れずに正確であるかぎり、いろんな研究者が発信して、より多くの人に現状や問題点を知ってもらうのが大切だと思います。

このアカウントにこれまで2度本当のヒアリの写真が寄せられていますが、どちらも海外のものです。日本で撮られたものはまだ一つもきていません。

ヒアリ騒動でよく分かったのは、アリに限らず昆虫に限らず、あらゆる在来種は常に外来種との生存競争に晒されていて、私たちが普段何気なく目にしている動物植物昆虫たちは、その厳しい戦いを生き残ったチャンピオンとその子孫たちなんだなってことですね。

春日井市内の倉庫でヒアリが発見された旨が、本日環境省・愛知県から報道発表されました。  ヒアリに似た蟻を発見した場合は、絶対に素手で触らず、愛知県自然環境課または市環境保全課までご連絡ください。 愛知県自然環境課 052-954-6230 環境保全課 0568-85-6279

そうした中、ヒアリに関する生態や注意事項なども明らかに

クライマックスへと繋がるシーンでは、ヒアリをイカダのように結合させ、配管から敵の研究所に侵入するのに役立った。

ヒアリへの恐怖心が高まりすぎて、日本の蟻まで必要以上に排除してしまいかねない今だからこそ、蟻への好感度アップ間違いなしの映画「アントマン」を地上波で放映すべきではないか #アントマン

騒がれてるヒアリですが、アントマンでは大活躍してますし、 何よりあの映画、アリの造形や描写がめちゃくちゃガチでほぼ間違いがない。 アリ好きにとっても見ごたえ半端ないので是非みてほしい。

・ヒアリに関する生体が垣間見れる動画も公開されています。

1 2