脱灰を放っておくと歯に穴が開いてむし歯がどんどん広がるのですが、実はだ液には、このいったん溶け出したミネラルやイオンを再び歯に沈着させて修復させる働きがあるのです。これを、歯の『再石灰化』と呼びます。

脱灰と再石灰化は、食事のたびに繰り返されます。再石灰化が追い付いているとむし歯にはならないため、むし歯予防には、だ液の力が必要になります。

そして、食後は、食べ物の消化を助ける、飲み込みやすくする、味覚を助けるために、だ液がたくさん分泌されます。ですから、食後すぐに歯磨き剤でゴシゴシと歯磨きをすると、せっかく分泌されただ液を失うことになるため、食後すぐの歯磨きは必要がないのです」

出典歯科医が教える新常識! 食後ではない「歯磨きのゴールデンタイム」とは!?|「マイナビウーマン」

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

新常識も出てきてどれが正しい?歯磨きの良いやり方とNG習慣とは?

1日3回磨くなどこれだけ歯磨き週刊が浸透している日本ですが、その磨き方がNGで効果がない人が多いと言われます。しかしながら、歯科医によっては見解が分かれる磨き方や習慣もあり、また情報も多いだけに迷うところ。結局今までの磨き方に落ち着いてしまうオチとなります…では、歯に良いとされる磨き方とは?

このまとめを見る