むし歯菌を取り除くためには、食後に歯磨きをする必要があると思っていました。江上医師は、「歯磨きの意味や目的は、そうではありません。だ液の働きに注目しましょう」と、次のように説明を続けます。

「むし歯予防にとって、もっとも重要な働きを担うのは、自分のだ液です。歯磨き剤ではありません。

だ液には、むし歯にならないように細菌の増殖を防ぐ働きや、口の中の粘膜を保護する作用、口の中を清潔に保つ自浄作用、口臭をおさえる消臭作用などがあります。

また、むし歯は初期のころなら、だ液の力で自然に治すことができるんです。むし歯菌は歯の表面に付着して『酸』をうみ出し、エナメル質からミネラルやイオンを流出させます。これを『脱灰(だっかい)』と呼びます。

出典歯科医が教える新常識! 食後ではない「歯磨きのゴールデンタイム」とは!?|「マイナビウーマン」

次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

新常識も出てきてどれが正しい?歯磨きの良いやり方とNG習慣とは?

1日3回磨くなどこれだけ歯磨き週刊が浸透している日本ですが、その磨き方がNGで効果がない人が多いと言われます。しかしながら、歯科医によっては見解が分かれる磨き方や習慣もあり、また情報も多いだけに迷うところ。結局今までの磨き方に落ち着いてしまうオチとなります…では、歯に良いとされる磨き方とは?

このまとめを見る