歯ブラシの硬さには、かため、ふつう、やわらかめの3種類がありますが、歯茎が腫れていたり、出血がみられたり、歯磨きのときに痛みがある場合は、やわらかめの歯ブラシを使いましょう。ただし、プラークの除去の効果はふつうの硬さに比べて劣ってしまうため、丁寧にするよう心掛けましょう。そして慣れてきたら、ふつうの硬さに変えていきます。かたい歯ブラシはプラークをしっかり落とせますが、歯茎を傷つけてしまう可能性があるため、磨き方には注意が必要です。毛先は、テーパー状とよばれる先端が細くなっているタイプがおすすめです。

出典【医師監修】自宅でできる!歯周病の正しい治し方 | ヘルスケア大学

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

新常識も出てきてどれが正しい?歯磨きの良いやり方とNG習慣とは?

1日3回磨くなどこれだけ歯磨き週刊が浸透している日本ですが、その磨き方がNGで効果がない人が多いと言われます。しかしながら、歯科医によっては見解が分かれる磨き方や習慣もあり、また情報も多いだけに迷うところ。結局今までの磨き方に落ち着いてしまうオチとなります…では、歯に良いとされる磨き方とは?

このまとめを見る