1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

夏になるともう一度見直したい。そんな人にオススメのアニメを紹介

夏の季節感が味わえるいいアニメだとおもいます。

更新日: 2017年07月12日

nomado-kimocさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
11 お気に入り 4836 view
お気に入り追加

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

2011年4月から6月までフジテレビの深夜帯に放送され、人気を博したアニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』略して「あの花」。

『あの花』は、かつて超平和バスターズという仲良しグループを結成していた5人の少年少女の前に、亡くなったはずの少女めんまが再び現れることで、彼らが心の内に秘めた自身のトラウマと向き合うことになる物語。

「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」ってやつ感動した

やっぱり夏といえば『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』だなぁ(*´ー`*) 何度見ても面白い。というか見れば見るほどにヤバイ。内容を知ってるからこそ1話から涙腺が…。 エンディングの茅野愛衣の歌い出しから始まるsecretbaseがトドメを刺しにくる。。

毎年夏になると「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」を全話イッキ見するんだけど、もう何回も何回も見たのに最終話で大号泣しちゃう。トチ狂って通勤電車で見てしまったから朝の山手線内で23歳の男が号泣する気持ち悪い公害行為キメてしま… twitter.com/i/web/status/8…

夏色キセキ

女性声優ユニット・スフィアの寿美菜子、高垣彩陽、戸松遥、豊崎愛生が4人そろって主演するテレビアニメ『夏色キセキ』。

OPテーマ「Non stop road」やEDテーマ「明日への帰り道」、イメージソング 「優しさに包まれるように」なども担当。さらに、挿入歌ではスフィアのメンバーそれぞれが演じる各キャラクターによる、キャラクターソングが多数劇中で使用されており、話題となっていた。

スタッフ陣は、水島精二氏が監督を務めるほか、副監督を木村隆一氏、シリーズ構成を浦畑達彦氏、キャラクター原案を左氏、キャラクターデザインを田中雄一、そしてアニメーション制作をサンライズが担当。

最近家で作業するときに夏色キセキをサブディスプレイで流してるんだけど名作すぎて毎回見入ってしまう

夏色キセキ見始めた…と思ったら再放送だった。スフィア全盛期かな。懐かしい

夏色キセキ見終わっちゃったぁぁぁぁぁ なんだろ すごく良かった(小並感 いや〜 青春とか友達とか夏休みとか 色々思い出せた気がする。

侵略!イカ娘

『侵略!イカ娘』は、海を荒らす人類を侵略する為に深海から湘南にやってきたイカ娘(海産物の一種?)が、主人公。人間を振り回そうとするイカ娘が、逆に人間に振り回される「ほのぼの侵略コメディ」。

史上初の“イカ娘萌えマンガ”として秋葉原やネット上で話題となり、2010年の「ネット流行語大賞」の銅賞も受賞、各所で語尾に「~じゃなイカ」「~でゲソ」をつけるなどの流行を呼びました。

@HSachi0602 イカ娘は、私もアニメで知ってハマりました! 常識が、飛んでて笑えました。 イカちゃんは、とても、優しい子だと見ながらしみじみ(´▽`) 侵略!といいながら、そこは、どこか、ケロロ軍曹に近いものを感じていますwww(*´∀`*)ノ

侵略イカ娘久しぶりに観た…! 懐かしかった…! イカちゃんカワユスでした…!

あの夏で待ってる

「あの夏で待ってる」は、高校生6人のひと夏の青春ドラマを描いたオリジナルアニメとして2012年1月~3月に放送された作品。

『おねがい☆ティーチャー』などのキャラクター原案を手掛ける羽音たらくがキャラクターデザイン、『ハチミツとクローバー』や『ヨルムンガンド』など数多くのアニメ構成を手掛ける脚本家・黒田洋介が構成を手掛けた青春ラブコメディ。

高校1年生の海人が8mmカメラで撮影をしている最中に不思議なトラブルに巻き込まれ、謎の転校生イチカと運命的な出会いを果たし、海人たち6人の高校生が繰り広げるひと夏を描いている。

1 2





nomado-kimocさん

このまとめに参加する