1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

賢い人は実践してる!スマホのデータ通信量を節約する裏ワザ

ある日、突然やってくるスマートフォンの速度制限。この制限に該当すると、画像の読み込みが遅くなったり、ホームページの表示が遅くなったり、動画が再生されなくなったりと、かなり不便。こうならないように、日頃からデータ通信量の節約を心がけましょう!

更新日: 2017年07月13日

ppp_comさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
151 お気に入り 109087 view
お気に入り追加

■またスマホが速度制限になっちゃった…

もう速度制限きたんだけど!何してたの私!(笑) おかしくない!?昨日まで4ギガあったよ!?

■契約している容量以上の通信を行うと速度制限の対象になります

スマホで使える3GやLTEなどの高速通信量には、期間や月ごとに使用上限が設けられています

ついつい使いすぎて契約しているプランの通信量上限を超えてしまうと、「速度制限」がかかり、まともにインターネットが使用できない状況になってしまいます

■賢い人はもう実践してる!データ通信を節約して制限を回避しよう!

chromeでブラウザの通信料を削減しよう

Chromeブラウザには、「データセーバー」という機能があります

設定自体はカンタン。Chromeの設定メニューから「データセーバー」を選んでスライダーをオンにするだけ

Twitterの自動動画再生をOFFにしよう

何気なくタイムラインを眺めているだけでも、流れてくる画像や動画で知らぬ間にデータ通信をしてしまうTwitter

動画再生はかなりモバイルデータ通信量を必要とします

毎回見たい動画ばかりというわけでもないので、自動再生させたくない人は節約も兼ねてオフにするか、Wi-Fi接続時だけの設定にしましょう

ツイッターアプリから、プロフィールページ上部の歯車アイコンをタップして、「設定とプライバシー」→「データ利用の設定」と進むと、画像や動画の自動読み込みに関する設定が可能です。

instagramの動画自動再生をOFFにしよう

Instagramは動画の投稿に対して、自動で読み込みをする設定になっています

気になる方は「動画の自動読み込み」をオフにしておきましょう

アカウントアイコンをタップして、右上の「歯車アイコン」をタップし、「設定」項目にある「携帯ネットワークデータの使用」より「データ使用量を軽減」のスイッチをオンにすれば完了です。

これでモバイルデータ通信時には、観るつもりのない動画が自動で再生される事がなくなります

バックグラウンド更新をOFFにしよう

スマートフォンは利用中以外もデータ通信をしているアプリが存在します

アプリ1つで見ると大した通信量ではありませんが、これらがいくつもあると合計はバカにすることができない通信量になります

1 2





(´・ω・`)気になった事をまとめていきます
(´・ω・`)よろしくおねがいします