1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

masashirouさん

シェアハウスって?

シェアハウスとは、住人との共同生活が楽しめる住居のこと。シェアハウスを専門とするひつじ不動産によると、日本におけるシェアハウス物件数と住戸数は、2013年の3月末では1,378物件、19,208戸だそうです。ここ数年は年率30%ほどで増加しており、3年間で約2倍となっています。

入居者の平均年齢は28.9歳。30代の割合も徐々に増加傾向にあるそうです。

2017年現在では、都内だけで2万戸以上。安さだけを売りにするのでなく、様々なコンセプトのユニークなシェアハウスが増えている。

最近では、「格安」で選ぶだけでなく
「そんな人たちと」「どんな暮らしをしたいか」で
シェアハウスを選ぶ若者が増えている。

ーオシャレな内装のシェアハウスも多く
コンセプトが明確なハウスが増えてきている。

《どうせなら!》特に女性におすすめのシェアハウスは?《暮らし方でシェアハウスを選ぼう!》

交流を大切にしているシェアハウスだと、ここで出会って結婚するカップルも稀に居るとか・・・

▼おすすめ1・《大型シェアハウス》オークハウス《100人100色》

60人〜100人規模のシェアハウス。
ソーシャルアプリ®と呼ばれる様々な特技やスキルを持った入居者が主導するワークショップ、イベント、セミナーなどが定期的に開催されている。

《こんな女性におすすめ》
▼たくさんの出会いが欲しい!
ー大型シェアハウスは入居者数が抜群に多い為、
20代〜50代と、様々な年代の人と出会うことが出来る
▼非日常な共有スペースを満喫出来る!
ー物件によってはヨガスタジオ・音響ルーム・シアターなどがある物件も。
====================
出会い度★★★★★
管理会社への信頼度★★★★
非日常感★★★
====================
《起こりうるデメリットは?》
▼入居者数が多い為、馴染めるまで時間がかかるかも

▼おすすめ2・《女性専用》Rシェア《小規模ハウス》

8人〜10人規模の物件が多い。
女性専用の為、はじめてのシェアハウスという方にも。

《こんな女性におすすめ》
▼静かな環境でシェアしたい
ー全室個室・小規模シェアの為、静かに暮らしたい方に
▼キャンペーンが多いので、初期費用を抑えたい方に
ーハウスごとに異なるがキャンペーンをしているケースが多い。
初期費用を抑えられるので、引っ越ししやすい。
====================
安心度★★★★★
交流度★★
手軽さ★★★★
====================
《起こりうるデメリットは?》
▼小規模の為、合わない人が居た時に気まずい

▼おすすめ3・《コミュニティ型ハウス》絆家シェアハウス《第二の家族をつくる》

20人〜36人と、
ちょうど1クラスくらいの入居者数。
コミュニティ重視型シェアハウスのため、住民同士がアットホームなことが雰囲気の特徴。
交流イベントやまなび講座なども頻繁に開催されている。

《こんな女性におすすめ》
▼アットホームな交流が欲しい
ー少なすぎず多すぎずの人数規模のハウスが多い為、アットホームにくつろげる雰囲気がある。
入居者は主に20代〜30代の男女が多い。
▼住みながら学びや体験を得たい
ー毎月料理教室や英会話などのハウス講座が開催され、住民は無料で参加が出来るので
暮らしながら学ぶ環境がある
====================
アットホーム感★★★★
学びイベント度★★★★
出会い度★★★
====================
《起こりうるデメリットは?》
コミュニティや住民同士の交流に興味がない人は向いていない可能性

おすすめ4・《コンセプト型》英語漬けシェアハウス《国際交流》

「体験によって生活をデザインする」をコンセプトに
リビングでは英語だけで会話をするなど、徹底した英会話を
学ぶことが出来る国際交流シェアハウス

運営会社:彩ファクトリー

《こんな女性におすすめ》
▼英会話スキルを上げたい!
ー徹底したコンセプトで絞られている為、同じ目的を持った
仲間と一緒に切磋琢磨することが出来る
▼国際交流をしたい!
ー入居者の3割から6割が海外からの入居者。
その為、家に居ながら留学気分を味わうことが出来る
====================
学び度★★★★★
非日常感★★★
成長度★★★★
====================
《起こりうるデメリットは?》
▼コンセプトに当てはまらないと入居自体が厳しい可能性

シェアハウス運営会社一覧

1