シェアハウスとは、住人との共同生活が楽しめる住居のこと。シェアハウスを専門とするひつじ不動産によると、日本におけるシェアハウス物件数と住戸数は、2013年の3月末では1,378物件、19,208戸だそうです。ここ数年は年率30%ほどで増加しており、3年間で約2倍となっています。

入居者の平均年齢は28.9歳。30代の割合も徐々に増加傾向にあるそうです。

出典なぜシェアハウスは若者世代に人気なの?ユニークな物件も紹介します|ウーマンエキサイト

次へ