1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

一生様…じゃない?そっくりさんと夢の共演が実現した人達

ご本人だと思ってた人、挙手。

更新日: 2017年07月14日

tyanndaiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
54 お気に入り 419452 view
お気に入り追加

違和感なさすぎて、みんな気づいてないかもw

株式会社NTTドコモの営業開始25周年を記念して、今年デビュー25周年を迎えるMr.Childrenとのタイアップによって制作された『25年前の夏』

Mr.Childrenがデビューし、NTTドコモが営業を開始した1992年、当時17歳だった主人公の父(高橋/高校時代は高杉真宙)と母(黒木)の出会いから結婚、2017年に主人公(清原)が17歳になるまでを描く

1992年リリースの同グループデビューシングル「君がいた夏」、「365日」、さらにまだ歌詞のついていない“デモ音源”(未発表/タイトル未定)を使用

高杉の出演シーンはわずかだが、どこに出ていたのか一目見ただけでは分からないほど、高橋とそっくり

今回父親を演じた高橋と、高橋の高校生時代を演じた高杉は、以前より雰囲気が似ていると注目されていたこともあり、2人が同じ役をやることがTwitter等のSNSでは話題に

「ドコモの新CMで高杉真宙と高橋一生が似てる説が立証されたぞ!!」、「まるで違和感がない」、「同系の顔だと思ってたからめちゃくちゃしっくりくる」

13日の「アウト×デラックス」がすごかったw

3ヶ月前の4月中旬に突如としてマツコ・デラックスと似すぎているとTwitterやSNSを通して、話題となった人物

実は、イタリアでは知らない人がいないと言われるほどの人気者でテレビ、ラジオで長寿番組の司会を務めている

プラティネットさんは、「姉妹じゃないかと思っている。生まれた時に離ればなれになった姉妹です」と断言

マツコ自身も「私も気になってウィキペディアでみちゃった」と告白するほどで、初対面の瞬間、「ボンジョルノ!」とあいさつ。「思っていたよりも(私に)近い!」と認めた

わざわざ日本にやってきたプラティネットさんをもてなすため、番組のレギュラー出演者、『アウト軍団』は日本ならではの味覚を用意

日本食でのおもてなしを受けるたび、プラティネットさんは必ずマツコと顔を向き合わせ、じっと互いの目を見つめながら、2人だけにわかる絶妙なタイミングで口にするなど早くも共鳴

1 2





tyanndaiさん