1. まとめトップ

米好き民族日本人が好きな中華の米料理チャーハン

元は中華料理だけど、米好き民族である日本人には家庭料理のように定着して人気の米料理のチャーハンの様々なメニュー紹介まとめです。

更新日: 2017年07月16日

moepapaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 1752 view
お気に入り追加

チャーハンとは

チャーハン(炒飯)は、炊きあがった米飯を様々な具と共に油で炒めた中華料理である。
日本以外のアジアでは揚州炒飯や福建炒飯が有名である。生米を炒めてから煮るパエリアや炒めた生米を炊くピラフが存在するが、それらとの混同も見られる。
日本では、焼飯(やきめし)、炒飯(いりめし・いためし・いりいい)、炒めご飯(いためごはん)といった名前で呼ばれることも多い。ただし、地方によってはチャーハンと焼飯(具材や調理法・調味料が異なる)、焼き飯(油を使わずに焼く)と炒め飯を明確に区分する場合がある。

また類似の料理は東アジアと東南アジアで広く見受けられる。例を挙げれば韓国ではポックムパプ(볶음밥)、北朝鮮ではギルムバプ(기름밥)、タイ王国ではカーオパット (ข้าวผัด)、インドネシアとマレーシアではナシゴレン (nasi goreng)、ベトナムではコムチェン (Cơm chiên) として定着している。広東語の音表記はツァウファンに近い。

家庭料理ともされており、また加熱するだけで調理が完了する冷凍食品・インスタント食品など、幅広い製品が出回っている。自動炊飯器(ご飯の保温も兼ねる)普及以前から、冷めてしまった残りご飯の利用法としても用いられる。
日本の中華料理屋および各家庭では、箸ではなく中国スタイルでレンゲもしくはスプーンを用いて食される。

工夫次第で様々な食材を利用できることから、冷蔵庫の残り物を活用できて、また短時間に手軽に作れるという理由から、家庭料理としてもチャーハンの人気は高い。家庭によって味付けが異なり、家庭の味ともされる。

中華料理店における調理では、火力が強い業務用コンロと液化石油ガス(いわゆるプロパンガス)などを使うが、一般家庭用の電熱器や型の古いIHクッキングヒーターなどでは、火力が弱い上に鍋を前後にゆすってご飯を混ぜる「振り鍋」ができない。火力の弱いコンロでは振り鍋をすることによって鍋の温度も下がってしまうため、全く同じように調理することはできない。家庭でおいしいチャーハンを作るためのレシピも多く、強火のコンロなどを使用したりさらに工夫することによっておいしいチャーハンを作ることがしばしば話題となる。

おいしいチャーハンの数々

チャーハンは米料理で、様々なアレンジがしやすく、店、家問わず多くのレシピが編み出されています。

本来パラリとした食感が決め手のはずのチャーハンですが、トロミをつけてもおいしいものです。

豚キムチに生たまごを乗せた人気のメニューも。

プリップリのエビは炒め物によく合いますので、チャーハンにも最適です。

肉好きにはたまらないですね。

とにかく豪華で贅沢なチャーハンですね。

ちょっと変わったチャーハン

正規のメニューとして見ることは珍しいですが、山菜好きなら一度はやりたいメニューです。

チャーハン動画

1 2





パソコン大好きシステムエンジニア。普段はパソコンを自作したり、ウェブサイト・ブログ作成をしつつ、トランポリン、ホットヨガ、体操、ジョギング等の運動をしている日々。