1. まとめトップ

これが不倫妻の特徴。女性が新しく始めたいことの第1位は浮気・不倫

今年3月に行った調査では、「4月から新しく始めようと思うこと」の第1位になんと浮気・不倫(31%)がランクイン。結局のところ、時代の流れ(スマホの普及、SNSの台頭)と女性の社会進出(専業主婦でなく自らも稼ぐ)、あとは「肉食女子」的な新しい女性像が市民権を得た点も大きいですね。

更新日: 2017年08月17日

5 お気に入り 37089 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

DRSEさん

不倫に積極的な女性が飛躍的に増加していることが調査で明らかになっている。

性道徳の変化は顕著で、20~30代女性向けの婚活サイト『愛カツ』が今年3月に行った調査では、「4月から新しく始めようと思うこと」の第1位になんと浮気・不倫(31%)がランクイン。

昨年の「ゲス不倫」騒動以来、“不倫は悪だ”という風潮があったが、フタをあけてみれば若い世代は憧れている人が多いというのだから驚かされる。

不倫妻の特徴、それは「4K」。

不倫妻の特徴として、「稼ぎがいい」という点があります。

つまり、専業主婦ではなく、夫婦共働きで自身もそれなりに収入を得ている妻は不倫妻になりやすい(なる素地がある)ようです。

共働きの夫婦は嫁側が不倫するケースが多い気がする(^ ^) 結構、俺の周りでも社内で不倫してるママさんいるぜっ(^ ^)! 気合い入ってんなーって思う

まず前提として、彼女らは外で働いているという点で、専業主婦よりも行動が自由です。職場やその他、いろいろな世界で魅力的な異性と知り合うことができます。

不倫相手と出会う機会も、当然専業主婦よりも仕事をしている主婦の方が多くなります。

専業主婦には無い誘惑が社会には多く待ち受けているので当然の流れであるとも言えるでしょう。

いざとなったら自分だけでも生きていけるという自信のようなものがあると、例え不倫がばれて夫と離婚するようなことになったとしてもあまり気にならないようです。

逆に言えば、それなりに稼ぎがあり、ダンナに頼らなくても生きていける自信があるような妻は、気が大きくなり、本能のまま行動する不倫妻になってしまう危険性があるというわけです。

一方、これとは逆に男性に経済面で依存している女性は、浮気をする確率が圧倒的に低かった。

今は「共働き常識世代」って言ってるけど、不倫されたくないなら奥さんを働かせたらダメだと思う。

旦那が家庭第一で家事も育児も分担してる家ほど嫁が不倫する率が高いって事実、共働き推進派的にはどう受け止めてるんだろうな

不倫妻の特徴の二つ目はキレイな妻。これは、まあ当然といえば当然で、だれも異論はないでしょう。

不倫妻の特徴、三つ目は軽い妻。まあ、これも当然といえば当然でしょう。

勢いに乗って越えてはならない一線を越えそうなのが、フットワークの軽いタイプ。

今の時代、ポジティブな不倫妻になるような女性は、スタイルがよく(体重の自己管理ができ)、なおかつ気持ちも明るくフットワークも軽い女性のようです。

不倫妻の特徴、最後は堅実な妻。まあこれは1つ目の「稼ぐ妻」に通じるというか、その延長線上にあるキーワードだと思います。

もともと専業主婦になるなんていう気持ちは1ミリもなく、ダンナの収入だけに頼る人生はリスクしかないと考える妻たちです。

そういった、ある意味、精神的に自立志向にある妻は、いつ不倫妻になってもおかしくありません。

彼女らは、自分らしいライフスタイルに合致すれば、不倫でさえも肯定し、不倫妻になります。

「不倫妻になることで、私のバランスが保たれている」というような意味不明なことを言ったりします。

まとめ

結局のところ、時代の流れ(スマホの普及、SNSの台頭)と女性の社会進出(専業主婦でなく自らも稼ぐ)、あとは「肉食女子」的な新しい女性像が市民権を得た点も大きいですね。

要するに男性も女性も本質は同じということでしょうか。夫が浮気や不倫をする(可能性がある)ならば、妻だってする(可能性がある)わけです。

繰り返しますが、不倫妻は決して珍しい存在ではなく、これからもどんどんと増加していくのではないでしょうか。

1