1. まとめトップ

チェス/囲碁/将棋マンガ オススメの名作30作品まとめ

ヒカルの碁 / ハチワンダイバー / 月下の棋士 / 聖―天才・羽生が恐れた男 / 3月のライオン / 将棋めし / 或るアホウの一生 / アップ・セット・ボーイズ / 盤上の詰みと罰 / ひらけ駒! / クロノ・モノクローム / りゅうおうのおしごと! / 碁娘伝 / 盤上のポラリス / 他

更新日: 2017年07月24日

arroz7さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3 お気に入り 2817 view
お気に入り追加

ヒカルの碁

ある日小6のヒカルは蔵で古い碁盤を見つける。その瞬間、碁盤に宿っていた平安の天才棋士・藤原佐為の霊がヒカルの意識の中に入り込んだ。佐為の囲碁に対する一途な想いが、徐々にヒカルを囲碁の世界へと導いていく…。

何が私を夢中にさせたのか・・・。それは佐為の美しさ、碁への直向きな心、ヒカルと佐為、取り巻く人々が少しずつ高みへと成長していく過程の面白さ。ストーリーがとてもウマい!

小畑先生の作画や描写も神がかっており、一頁一頁が芸術のようで何度読み返しても飽きません。本当にすばらしい作品です。

今の若い子には想像つかないかもしれないけど僕もヒカルの碁読んで新世界の神になったし当時はほんとすごいブームだったんだよヒカ碁

藤井四段が話題なったおかげでヒカルの碁が再ブームとかこれもうわかんねぇな

※ヒカルの碁は将棋じゃなくて囲碁マンガです

ハチワンダイバー

表のプロとは違う、賭け将棋をなりわいとする「真剣師」の青年・菅田。アマ最強を自負する彼を倒したのは、秋葉原の女真剣師だった! テンション無限大! 81マスの宇宙を舞台に繰り広げられる破天荒将棋バトル、ここに開幕っ!!!

非常に個性的な作風にばかり目を奪われがちだが、ツカミ・ヒキ・緩急など、コミック作品としての基本的なクオリティも非常に高い。

いろいろ将棋漫画もあるけどハチワンダイバーがぶっちぎって面白い気がする。将棋の攻めと受けの駆け引きを面白く絵にしてくれてるしキャラクターもよく?出来てる。 作者自身が元奨励会なこともあって内容が高度なんもええわあ pic.twitter.com/4nxowgLvMv

ハチワンダイバーは絵柄が普段マジで読まない類だったのに1巻試しに読んだら勢いに飲み込まれて最後まで読んでしまったってケースでな・・・

月下の棋士

第51期名人戦、名人・大原巌と挑戦者・滝川幸治が熱海で第7局を戦っている時、東京・将棋会館に氷室将介という青年が現れる。プロ棋士になりたいという将介が手にしていたのは、伝説の棋士・御神三吉の推薦状だった。その推薦状を見たプロ棋士・虎丸は二段の坂東と将介を戦わせる。

将棋に命を賭す人物像を鮮やかに描ききった大作。
時に美しく、時に醜悪なその世界は圧巻の一言。

誰もが将棋に真剣なので、読んでいて不快感はそれほどないですね。主人公のわがまま、俺流、こうしたものが気にならないならお勧めだと思います。

月下の棋士は将棋マンガと思わせておいて、基本的には棋力ではなくて精神力で勝負が決まるバトル漫画。フィールドに立ってるだけで精神力がガンガン削られて、精神力が尽きた方が負ける。負けると死ぬか廃人になる。(言い過ぎ)

マンガワンで将棋マンガ史上最高の変態度を誇る月下の棋士を読めるようになってて嬉しい

聖―天才・羽生が恐れた男

盤上に魂を打つ! 故・村山聖九段の圧倒的生涯! ――棋界に、「次期名人この人あり」と謳われた天才棋士がいた。村山聖九段。昭和44年、広島県出身。幼いころより難病を患い、その限られた生を将棋だけに捧げ、29年の生涯を燃焼させた男。これは、そんな彼の魂の記録である……。孤高の天才棋士・村山聖の感動コミックドキュメント、第1巻登場!

谷川を倒し、羽生を倒し、そして、名人になるんだという村山聖の燃え上がる執念に、全編を通じて、圧倒される。
山本おさむの漫画も、一コマ一コマに、村山の気迫を存分に感じさせ、彼の人生の重みに負けていない。

もう少しでも、存命しておれば、名人になっていたかもしれないが、そうでなくとも、29歳の彼の将棋人生は、彼の周辺にいた人々の間に、強烈な印象を残していると思われる。

今さらだけど聖-天才・羽生が恐れた男-を読み始めた。 こんなん泣くわ・・・つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

昔、漫画の『聖-天才・羽生が恐れた男-』を読ませてもらった事を思い出し、映画『聖の青春』を観てみた。 将棋のルールは知らないけど、全身全霊で対局する真剣勝負に、心と目頭が熱くなった。

3月のライオン

その少年は、幼い頃すべてを失った。夢も家族も居場所も──。この物語は、そんな少年がすべてを取り戻すストーリー。その少年の職業は──やさしさ溢れるラブストーリー。

久しぶりに漫画を読んで泣きました。でも、それと同じくらい笑わせてももらいました。

新たな将棋マンガだと思う。これからの少年の将棋に対する思いと進化がどのようになるかを期待したい。

#3月のライオン 最新刊まで読破! 面白い!!!ここ最近で一番!!! アニメ全部みてから読んだから、声とか効果音とかが同時再生される(笑) 細かいところまでこだわりある描写とか、将棋の魅力とか、仲間たちとか、斜めいく桐山の言動とか、3姉妹の可愛さとか、なんかもう全部好きです。

藤井四段とひふみんブーム以後ではこうも3月のライオンの見え方が違うとは。後藤と島田の三番勝負の15話をたまたま見てる。半年前の本放送ではぴんと来てなかった将棋界や対局の描写が、前よりは少しだけ解って観れてる。三段リーグとかA級とか、戦法とか。

アニメ版も好評

1 2 3 4 5 6 7